個人 情報 保護 法 と は。 個人情報の第三者提供とは?事業者が知るべき4つのポイントを解説!

個人情報保護法とは。(簡単に説明)

具体的には、個人データを第三者提供すること(+それが嫌ならすみやかに個人データの提供を中止するよう求める必要があること)を前もって本人に通知するか、本人が簡単に知ることができる状態にしておき、本人がこれに反対しない限り同意したものとみなして第三者提供を認める仕組みとなっています。 一方、提供元事業者と同じ法人格のまま外国で活動をしているような場合には「外国にいる第三者」にあたりません。 事業者が自分の知らないところで自由に個人情報をやり取りできるとしたら、自分の個人情報が誰にどのように使われるのか分からず、私たちはとても不安な気持ちになりますよね。 具体的には、指紋認識データ、顔認識データ、旅券番号、運転免許番号のことです。 この国際規格の認証は、「個人情報漏洩に対する企業の対策」や「個人情報漏洩後の企業の対策」の資料や手順書を企業が作成および周知し、社員が認識し実行しているかどうかを調べて認定される。 貿易保険法及び特別会計に関する法律の一部を改正する法律• ア 携帯電話番号 イ 個人番号(マイナンバー) ウ メールアドレス エ クレジットカード番号 オ 指紋データ 平成29年 問57 情報公開法制と個人情報保護法制に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか• また、顧客対応といったコストの発生も想定されます。 改正個人情報保護法では、「要配慮個人情報」は、「人種」、「信条」、「社会的身分」、「病歴」、「犯罪の経歴」、「犯罪により害を被った事実」、「身体障害、知的障害、精神障害等」「医師等の健康診断等の結果」、「医師等による指導・診療・調剤」、「刑事事件に関する手続」、「少年の保護事件に関する手続」とされています(法第2条3項、令3条)。

>

独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律

第三者提供の制限(個人情報保護法23条) 個人情報取扱事業者は、原則として、あらかじめ本人の同意を得ないで、本人以外の第三者に個人データを提供してはなりません。 )は、情報化の急速な進展により、個人の権利利益の侵害の危険性が高まったこと、国際的な法制定の動向等を受けて、平成15年5月に公布され、平成17年4月に全面施行されました。 」 個人情報とは、生存する個人に関する情報であり、氏名・生年月日・住所などの記述により、 特定の個人を識別できるの事をいいます。 」 目的外での利用禁止(法16条) 個人情報取扱事業者は、 利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱う場合、あらかじめ本人の同意を得なければなりません。 消費者にとっての透明性• 名刺管理クラウドサービス「ビズコンパス」は、法人向けの名刺管理サービスで、大事な名刺を写真を撮るだけで、高品質にデータ化しセキュアな環境で保護し、社内で戦略的に共有し効率的にデータ利用が出来る優れものです。

>

個人情報保護法が改正、企業はパーソナルデータ活用に向けどうすべきか?

2つのバランスを図るため、個人情報を取り扱う事業者が個人情報に対する全ての行為について守るべき義務と、行政の監視権限を定めています。 新聞報道等によって、当該企業の社会的信用は失墜します。 ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 。 ・子会社が親子会に個人データを提供する行為 ・フランチャイズ組織の加盟店が本部に個人データを提供する行為 【本人同意が不要な場合】 以下のいずれかに該当する場合、本人の同意を要しません。 実際の例では、就職情報サイトが、Cookieを利用して就活生の内定辞退率を予測し、そのデータを無断で販売していたことが問題となったこともあります。

>

個人情報の第三者提供とは?事業者が知るべき4つのポイントを解説!

個人情報保護法、改正個人情報保護法:個人情報の保護に関する法律及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の一部を改正する法律(平成27年9月9日法律第65号)に基づく改正後の個人情報保護法• 官報、電話帳、職員録、法定開示書類(有価証券報告書等)、新聞、ホームページ、SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)等で公にされている特定の個人を識別できる情報 平成29年5月30日に施行される改正により、生存する個人に関する身体的な特徴で本人認証が可能なもの(指紋認証データや顔認証データ)や個人に割り当てられる公的な番号(運転免許証番号や旅券番号)が個人識別符号(個人情報保護法2条2項)として新たに個人情報に該当することになります。 第23条第5項第1号 第1号における委託先は、「 第三者」に該当しないため、本人の予めの同意がなくとも、委託先に個人データを提供することができますが、その代わり、個人情報取扱事業者は、第 22条により、委託先に対する監督責任が課されています。 原則:同意がなくても第三者提供できる• こうした事情から 「民間事業者」+「国の行政機関」+「独法」+「自治体(都道府県47、市区町村1750、広域連合等115)」 で日本国内におよそ2000個の条例等があるかなり煩雑な状態になっており、これを 2000個問題という。 生年月日、連絡先(住所・居所・電話番号・メールアドレス)、会社における職位又は所属に関する情報について、それらと本人の氏名を組み合わせた情報• 例えば、以下の行為は違反と考えられます。 個人情報を一元管理する都市をつくる「スーパーシティ法」が成立するなど、安倍政権は企業が個人情報を利活用しやすい仕組みをつくっています。 外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律• その後「 ベネッセ個人情報流出事件」が起きたことと相まって、2017年個人情報保護法改正により、オプトアウトができる要件を厳格化することになりました。

>

個人情報の保護に関する法律

個人情報の保護に関する法律 - 基本法則と民間の保護を規定• 以上のように、 個人情報保護法は、個人情報取扱事業者に対して、さまざまな義務を課しています。 筆者自身、個人情報保護法に限らず、どの法律も目的部分は抑えるようにしました。 まとめ 個人情報保護法についてご理解いただけましたでしょうか? 個人情報保護法は、行政書士試験対策としてはもちろんですが、行政書士の資格を取得してからも、業務において、また、日常生活においてこれからますます関わることの多くなる法律かと思います。 オプトアウト方式による第三者に対する個人データ提供を制限 従来(現行法では)、オプトアウト方式を利用することにより、本人の同意なく個人データの第三者提供を行うことができます。 この法律では個人情報の定義を「生存する個人に関する情報であって、この情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により 特定の個人を識別することができるもの」としている。 次の見出しで2017年の改正内容についてまとめましたので、参考にしていただけると幸いです。

>

個人情報保護法はどのような法律か

届出をせず、又は虚偽の届出をした者は、10万円以下の過料に処せられる(第59条)。 これに対して、「機微(センシティブ)情報」の「門地」は、特殊の家系に基づく身分をいいます。 ( 2019年9月) 2015年改正によるビッグデータ解禁 [ ] 平成27年度改正 [ ] (平成27年)に開催された通常国会()において、同年に衆院本会議で「改正個人情報保護法」が与党や民主党などの賛成多数で可決、成立。 )」をいいます。 利用目的の公表・通知、開示、訂正、利用停止等(個人情報保護法27~30条) 個人情報取扱事業者は、保有個人データの利用目的、開示等に必要な手続、苦情の申出先等について本人の知り得る状態に置かなければなりません(個人情報保護法27条)。 、住所、生年月日などの個人に関する情報を適正に扱い、個人の利益や権利を保護することを、国や、などに義務付けている。

>