北斗 の 拳 スロット 天井。 【北斗の拳 天昇】天井期待値・ゾーン・設定狙い・やめどき・勝ち方・攻略

Sパチスロ北斗の拳宿命

引き戻しパートでは、昇格させた保留ごとに継続を抽選する。 演出から天国モード滞在の可能性があるようならば、転落するまで打ち続ける。 断末魔ゾーン中バトル発展契機別勝率 契機役 初回 2回目以降 ハズレ・ベル 12. さらにバトルボーナス後には超高継続率の真・天昇ラッシュに突入と、一気に有利区間完走を狙うことができる強力なプレミアフラグとなっています。 AT関連のページも作成中の為、しばらくお待ち頂きたい。 ART終了後のステージがビジャマなら高確以上の期待度アップ。

>

Sパチスロ北斗の拳 天昇 解析情報

ATの初当たり時と継続時に抽選され、以下の流れになります。 ATは、基本的に「宿命」からスタートし、差枚数がなくなると継続バトルに突入。 バット演出・金リンゴ• 約100G間滞在し、高確率で昇舞魂を獲得するだけでなく、七星チャージの当選率も高い。 リュウガ• マミヤ「ケン、かわるわよ」• モード移行抽選は、特定小役成立時に行なわれる。 また、JAC当選 北斗図柄揃い で当選が2名いましたが、単発と2連終了でした。 ここから無難に380枚に天井期待枚数を設定し、 計算したのが上記の数値です。 トキストックは、継続率が存在せず、1セット消化ごとに1個のストックが消費される。

>

パチスロ北斗の拳 天昇(北斗天昇)

引き戻しモードは通常1・通常2・高確の3種類があります。 JACはプレミアム役につき恩恵も大きい 低確滞在時 設定差のないモード移行率 移行先 3枚ベル 角チェ 中段チェ 強スイカ 強チャンス JAC 低確 99. 大量ストックの期待大となるだけでなく、終了後は超高継続のATに突入するぞ。 なお、通常時に右リールから停止させると、ペナルティが発生する場合がある。 本機は「パチスロ北斗の拳」シリーズ最新作。 その他減少区間なしとの事ですが、セット間のインターバルでは減少区間が無いだけで詳細は不明ですが、通常時には何らかの仕組みが入っていると思います。 [2G目] 2G目での敗北は逆転での勝利濃厚。 なので レア役引いてカウンター「0」になったから即ヤメはしないほうがいいです。

>

パチスロ 北斗の拳

AT終了待機状態 液晶右下にロゴが表示されます。 白、青、黄、緑、赤、虹と6種類ある中の、どの色であるかによって期待できる継続率は変わってくる。 楽曲が「愛を取り戻せ」の状態• 」が発生すれば激アツ! ・バトルレベルと小役レベルによる勝利抽選とは別に強制勝利抽選もあり。 ART終了後の状態移行率 設定 低確 通常 高確 前兆 1 37. 2連続で有利区間継続することはありません。 今回の勝ちはczからの北斗の揃いと北斗乱舞、強敵エンディングからの北斗乱舞による勝ちだと思います。 ゲーム数のほかに狙い目になりそうなのは世紀末ポイント。 激闘乱舞ラスト1Gから継続バトル終了までのトキストック抽選確率は以下の通り。

>

北斗の拳 修羅の国篇 天井・ゾーン・スペック・設定判別 解析攻略

敵の構えがノーマル• ラウンドストック保有時はストックを使い切るまで7Gを繰り返すので、ストックがあるほど勝利期待度をアップさせやすい。 強チェリーを引けば勝利濃厚だ。 「バトル勝利濃厚パターン」 ・文字色が赤 ・開始画面が赤 ・導光板発生時にリプレイとレア役を否定 ・導光板発生時にチャンス目が成立 ・第2停止以降に導光板が発生 ・拳に力を! 特殊勝利抽選の期待度はATが継続するごとに低くなっていくが、高レベルほど期待度が低くなりづらいので、ロング継続しやすい。 バトルボーナス開始画面• AT1回あたりの期待獲得枚数が約450枚 概算 という点や天井の恩恵が特にない点を考慮すると、 天井狙いには向いていない機種になります。 ステージ 宿命<覇道<激闘<闘神 はAT継続期待度を示唆• また、高設定域では高確率モードへの移行率が高いため、イベントなどでの立ち回りにも有効活用できる。

>

北斗の拳 天昇 天井恩恵・ゾーン狙い目とやめどき|パチスロ6号機

もしも天井ART当選が 優遇されているようなら また数値は変わってきます。 滞在モードが見抜けなければ、レア小役でモードが上がったのかどうかが判断できないため、 演出の意味を知ることは非常に重要。 平行揃いならば弱スイカ、斜め揃いならば強スイカとなる。 闘気演出• 【昇舞の刻】 通常時に貯めた昇舞魂を使い、ボタンPUSHでバトルレベルと小役レベルをアップさせる1G完結の演出。 ケンシロウ闘気でリプレイ否定 オーラ爆発演出• プラス1される、つまり押し順ATとJACゲームのセットが続く場合は、JACゲームを消化し終えた次ゲームのBETで再びAT発動。

>