東海林 皮膚 科。 医学専攻 機能展開医学系:皮膚科学・形成外科学講座

黃禎憲皮膚科診所

診察室は独立性を高めてあり、プライバシーの保護に配慮しています。 この社会的ニーズを踏まえ、私たち東海大学泌尿器科では「最先端の技術と思いやりの診療」を基本方針として掲げ、日々の診療にあたっています。 医学専攻 機能展開医学系:皮膚科学・形成外科学講座の概要 詳しくは、当該をご覧ください。 病院の持つ「地域の分業体制」から考えて、紹介状をお持ちの患者さんの診察が優先されます。 主な対象疾患 1.尿路性器腫瘍(前立腺がん、腎がん、腎盂尿管がん、膀胱がん、副腎腫瘍、精巣腫瘍など) :手術療法を主に、放射線療法と化学療法を加えた集学的治療を行っています。

>

東海林皮ふ科医院 皮膚科の診療内容・診察時間

これにより、地域のさまざまな病院、診療所などからの、診断依頼や治療依頼に応えることができると考えています。 制癌性は勿論、術後の排尿機 能や腎機能温存を大切にしています。 また、神奈川県西部、 静岡県東部の中核病院として治療困難症例やハイリスク症例に対し、積極的に集学的治療を行っています。 当科は、各種の専門医認定研修施設に指定されており、それは、すでにその分野の専門医が揃っていることを意味します。 さらに2014年からは手術支援ロボットも導入し、今まで以上に患者さんに負担の少ない安全な治療を目指し日夜診療に励んでいます。

>

泌尿器科

健康でありたいと願う皆さまが来やすい地域に密着したクリニックでありたい。 皮膚科学会が認定する皮膚科専門医や、皮膚科専門医がさらに取得の目標とする専門医(や教育医や指導医)など、客観的な基準で得られる資格をきちんと持つ方向になりつつあります。 ・皮膚疾患の診断に必要な検査の意義、方法を理解する。 2002年からは身体に負担の少ない腹腔鏡手術を開始し現在までに日本有数の手術件数を安全に施行してきました。 アトピー性皮膚炎 ・アトピー性皮膚炎患者の角層セラミドの解析 ・角層セラミド測定による皮膚バリア機能マーカーへの応用開発 ・角層セラミド解析および皮膚バリア機能測定による病態解明と新規治療法の開発 ・アトピー性皮膚炎の新規関連遺伝子の同定 3. 良性および悪性腫瘍 『ねらい』 ・皮膚の構造と機能を理解する。 4.尿路結石: : 体外衝撃波結石破砕術(ESWL)不能性結石に対しては、経皮的腎結石破砕術(PNL)、経 尿道的尿管結石破砕術(TUL)を、難治性腎結石に対しては、PNLとf-TULを組み合わせた 経皮・経尿道同時内視鏡手術(ECIRS)を積極的に行っています。 診断や治療方針の決定は、診断・治療に検討が必要な症例では臨床像を外来にて記録し、併せて病理組織検査を行い、医局員全員が参加する症例検討会において、より深い検討を行います。

>

東海林皮ふ科医院 皮膚科の診療内容・診察時間

【学生実習】 CC1:皮膚科・形成外科学総論、各論、臨床実習(外来・病棟実習) CC2:皮膚科・形成外科学臨床実習(主に病棟実習) 目標: ・皮膚疾患を有する患者の病歴を聴取し、身体所見を的確に表現する。 ・主な皮膚疾患の病因,病態生理,症候,診断と治療を学ぶ。 当科は、炎症性疾患(湿疹、アトピー性皮膚炎、水疱症等)でも、腫瘍性疾患(悪性の皮膚腫瘍、一般的には皮膚癌とよばれることが多いです)でも、標準治療を提供できるように技術を維持または向上に努めています。 医師の紹介 院長 増田 ( ますだ ) 愛一郎 ( あいいちろう ) 東海大学医学部1986年卒 ごあいさつ 東海大学付属病院、付属東京病院、付属大磯病院の勤務を経て、1998年4月より練馬総合病院泌尿器科部長、2001年7月より東海大学付属大磯病院の泌尿器科部長を務め、2005年より一般内科、創傷外科、東洋医学、神経ブロック、一般皮膚科、美容皮膚科、小児科など各分野の修練を行うと共に抗加齢医学・栄養学・スポーツ医学を学び、標榜科にとらわれない新しい形の診療を提案するためにあいクリニックを開院させて頂きました。 たとえば、拘束性皮膚障害(Restrictive dermopathy)など極めて稀な疾患についても遺伝子診断を行います。 「標準治療」とは最も治る率の高い治療法のことです。 診療内容 泌尿器科では、尿路変更性器腫瘍に対するロボット支援手術を含めた腹腔鏡手術を中心に前立腺肥大症や 結石治療にも最先端の内視鏡治療に取り組んでおり良好な治療成績をあげています。

>

泌尿器科

紹介状を持って受診される方は、診療所や病院では検査や治療が難しい方、つまり入院の適応になる方が多く含まれていることを知っているからです。 年間手術件数は約600件、ロボット支援手術を含め腹腔鏡手術は年間約200件、 現在まで約2,300件以上の腹腔鏡手術を行っており、日本有数の手術件数を行っています。 資格:医学博士、日本泌尿器科学会専門医、日本医師会認定産業医 診療科目:泌尿器科、皮膚科 経歴:東海大学医学部附属病院、東海大学医学部付属東京病院、東海大学医学部付属大磯病院、練馬総合病院、湘南東部総合病院、寒川病院、綾瀬厚生病院 所属学会:日本泌尿器科学会、日本性感染症学会、日本外科学会、日本抗加齢学会、日本皮膚科学会、日本臨床栄養学会、神奈川県泌尿器科医会、大和市泌尿器科医会、ほか。 皮膚科学は、日本皮膚科学会の主導により、急速にガイドラインが充実しつつある分野です。 ご挨拶 日々進歩してゆく医療を患者さんに最大限還元するためには、高度な技術と豊富な知識そして医療人としての広い視野が現代の医師には求められています。 色素異常症 ・遺伝性対側性色素異常症の病態解明と新規治療法開発 ・網状肢端色素沈着症の病態解明と新規治療法開発 ・Dowling-Degos病の病態解明と新規治療法開発 このほか、さらに様々な色素疾患について遺伝子診断も含めて検討して、新しい病態を明らかにします。

>

医師の紹介|あいクリニック 泌尿器科・皮膚科

主な診療実績 主な腹腔鏡手術件数を表に示します。 参考情報: 皮膚アレルギー, アナフィラキシー, 肥満, 高血圧, 禁煙治療, 糖尿病,. 若い医師に対しては、経験の深い専門医が補佐できる体制をとっています。 待ち時間はどうしても長くなりますが、その分、丁重に診ているとご理解いただくと幸甚です。 さらに診察室内にカーテンルームを設け、患者さんのプライバシー保護に配慮しています。 すなわち、医学的な観点から「皮膚科学」の分野を網羅的にカバーできることを第一の目標としています。

>