Bl アーカイブ 尿道。 トモとトモの話【4】部下✕上司 ~お風呂&尿道編~

桜の水面に沈む景色は

俺のものだってしるしをつけたい。 きゅぽっと音がして、入り口の小さい穴がぱくっと口を開けた。 ぬるま湯に設定したシャワーを弱にして智樹さんの体にあてがうと、気持ちよさそうに目を細めた。 「ちょっとまっててくださいね」 ちゅ、と首筋にキスしてから、俺はあるものを取りに脱衣所に引き返した。 日本での同性婚制度施行後、そのニュースが毎日毎晩のようにテレビで流れる。 「誰かに見られたらどうする?あの警備員のオニイちゃんだって、いつ来るかわかんねーだろ」 「警備員さんはいつも11時過ぎくらいに来るじゃないですか」 「窓」 「隣のビルは電気消えてましたし、見られるわけないですよ」 自分でもああ言えばこう言うでうざいなあと思うけど、売り言葉に買い言葉でつい反論してしまう。

>

元ネタ一覧

「もっとおかしくなっていいよ。 「ひあっ!あぅうっ…」 「ん、いくよ…」 一緒にいきたかったから、智樹さんのも強く扱いた。 「出していいよ…」 「あーっ……だ…めっ…駄目だ、ほんとに…ぃ゛…ぁあ゛っ…」 「漏れちゃうから駄目…?」 たっぷり焦らしてから綿棒を引き抜く。 181• 調教師が受け設定は許せない!という方にはお勧めできませんのでご注意ください。 397• 「はふ…はひ、んむ…っぅんっ…」 最後にじゅっと強く吸ってから解放して、出すために強く突く。 そして亮はあっという間に、俺の口内に精液を放った。

>

BL 尿道開発小説一覧

「カスみたいのがでてきた」 「っ!」 へー、ここって汚れるもんなんだなあ… 俺は変に感動しながら、そのまま尿道をほじった。 185• ただし、『人に迷惑をかけなければ』だ!」 迷惑…のところだけやけに強調して言う。 夜のお供にぜひ読んでみて下さい。 「熱っ…熱い…っ!はうぅ…っ」 「お湯、入って熱いね…溶けそう…」 後ろから抱え込んで、とろけてぐずぐずになってる体内を抉る。 「ココ、いじられたらどんなんなっちゃうか、見たいんです…いいでしょ…?」 目が見開かれて、忙しなく泳ぐ。 「ひ!あぁああっ」 「すげーな…どこでも感じるの?」 「違っ…はっあっ…あっ」 下の穴に俺のをハメてるときみたいに、ゆっくりとピストンさせた。

>

★BL♂鬼畜18禁RANK★

387• 挿絵多めです。 「うああっ…あっあ゛、あー………!」 最初に出てきたのは精液だった。 長編は現代~ファンタジーまで色々あります。 」 もぐもぐと咀嚼しながら答えた。 「全部綺麗にしてあげる…」 「いいっ!いい…っいいから…ぁ…」 垢なんかとられて、きっと恥ずかしくてたまんないんだろうな。 254• 俺っていつもエッチしたあと何かしら謝ってる気がするなあ…。

>

トモとトモの話【4】部下✕上司 ~お風呂&尿道編~

185• 暴走しそうな欲望を必死に押さえつけて、指先に力が入らないようにしながら動かす。 カテーテルを抜き取り、 亀頭に舌を這わす。 。 「お…まえ、もう出てけ……」 「えぇ!?なんでいきなりそんな…」 まだ俺の、入ったままなのに…。 春太は学園生になって初めての夏休みに、幼馴染みの智宏から一緒に高級リゾート地で接客のアルバイトをしないかと誘われる。

>

トモとトモの話【4】部下✕上司 ~お風呂&尿道編~

852• トモとトモの話 ~お風呂&尿道編~ 誰もいなくなった会社のオフィス。 ぷにショタ、調教、獣姦、集団レイプ、痴漢、玩具攻め等。 186• 自分には関係…なかったからだ。 そんな笠井が最も得意とするのは・・・調教発注者を交渉段階で性的に挑発し愛撫させ、その時受けた愛撫を忠実に再現して少年たちを調教することであった------。 宜しくお願いします。

>

元ネタ一覧

いや、俺がおしっこしてるのを見ながらイっちゃったんだっけ… 最後まで出し切ると、とす、と俺にもたれかかってきた。 fujossyに掲載したものですが、アルファポリス用にエロシーンを大幅改稿しております。 そうすると、早く欲しいって言ってるみたいに素早く収縮した。 247• 快感に素直な体。 かわいい… 「のぼせちゃったら、俺が綺麗にしてちゃんと寝かせてあげるから、心配しないで」 「あっ…ひぁっ!く、んんっ…っ」 「中、きついよ…乳首、気持ちいい?」 くいっと顔をこっちへ向けて、ちゅっとキスする。 俺ははあはあしながら一緒にいこ、と囁いて、綿棒を一気に引き抜く。

>

尿道責め

現在二次創作からオリジナル移行中。 「あー…っ!はひっ…こんな…こんなの…っ駄……目…っ」 駄目っていいながら視線はほじられてる自分のものに釘付けだ。 露骨な過激描写有。 「くっ…、っ…」 いつもと締まりが違う…。 「うああぁっ…!あぅっ…」 「は、っ、すげー出てる…っ」 「あ…ぁ……ふ……」 二人で一緒にイクと、智樹さんはぐったりと俺にもたれ掛かってきた。 244• 145• その職業とは裏腹に端正な顔立ち、白い肌、長い睫、少し灰色がかった瞳。

>