スズキ タフト。 ダイハツの新型軽SUV「TAFT(タフト)コンセプト」は、スズキ・ハスラーよりも低さと四角さが際立つ!【東京オートサロン2020】

タフトvsハスラー! 試乗しての走りから室内高や広さまで徹底比較!

室内長:2,215mm• それもそのはず、今年の「年央」、つまり年の半ばには発売を予定しているとのこと。 ノンターボ車なら3,000回転を確実に超えた登り坂で、ターボ車ならより低回転で登れる感じでパワー不足をそこまで感じません。 収納容量はハスラーがやや有利で、使い勝手でも少しリードしています。 パワートレインは、直列3気筒DOHCの自然吸気仕様と、そのターボ仕様の2種類。 先代モデルに比べ、ホイールベースを35mm延長することで後席乗員の足元空間を確保、 前席は左右乗員間距離を30mm拡大することで快適で広い室内空間を実現。

>

ダイハツタフト・スズキハスラー比較してみた

普段は前席優先で乗ってもらって後ろはカーゴルーム、というような使い方を想定して前後を区別したそうです。 スズキ・ハスラーは、ワゴンとSUVを融合させたクロスオーバー軽として大ヒット。 2019年のクリスマス・イブから発売開始となった新型2代目ハスラーより、後発となったタフトは若干安く設定してきました。 人気を得ている理由 タフトを購入するのは、どのようなユーザーでしょうか。 また、4WDの走行安定性を求めるなら、路面や状況に応じたコントロール機能をもつハスラーが優れていて、安定感の高いドライブが可能です。 そのため、「ノンターボ車だからエンジンが唸るだけで加速は遅いだろう」と考えていると、いい意味で期待を裏切ってくれます。

>

ダイハツの新型軽SUV「TAFT(タフト)コンセプト」は、スズキ・ハスラーよりも低さと四角さが際立つ!【東京オートサロン2020】

オートブレーキホールド機能• 【デザイン対決】引き分け 室内装備 最近デビューした新型軽自動車はホント装備が充実しています。 さらにこの雰囲気に合わせるように、ナビのモニターやマルチインフォメーションディスプレイの表示は多彩で、始動時の周囲に注意を促すメッセージや、ウェルカムグラフィックなど、クルマと楽しく接する仕掛けに工夫を凝らしています。 左右分割式の後席を両方倒すとこんな感じにラゲッジルームを簡単に拡大できます。 最も燃費が良いのが自然吸気エンジンの2WD車で、WLTCモードで20. 広大 な視界による開放感と非日常感を実現。 タフトという名前からジムニーに匹敵する悪路走破性を期待するのは間違いです。 特に驚きなのが、 100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。 先進装備は新型「タフト」、4WD装備は新型「ハスラー」が充実 次は、新型「タフト」と新型「ハスラー」の装備内容を比較してみましょう。

>

ダイハツタフト・スズキハスラー比較してみた

また、4WD車では悪路走破性を高める、グリップ制御も両車に採用、前車追従アダプティブ・クルーズ・コントロールも両車に採用(両車とも特定グレードに設定)と走行系先進技術も互角の勝負です。 が、タフトよりハスラーのほうがリードしている部分もある。 価格はハスラーと真っ向勝負 【表】新型タフト価格&グレード一覧。 中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。 家族や友達に相談したところで まともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで 欲しい車に手が届かない。 3年半ぶりにステレオカメラを一新したもので、従来より前方視界の認識能力が向上して夜間の歩行者検知も可能となった。

>

タフトの影響はなし!? ハスラー人気はホンモノだった【2020年話題のクルマを振り返る】(画像ギャラリー No.10)

タフトと合わせて軽SUV市場が盛り上がりをみせそうだ ライバルと目されるハスラーの価格帯は、136万5100円~174万6800円なので、新参者の戦略的価格といえるだろう。 また、タフトのシートはホールド性が良く、カーブでの安心感も高いのですが、ハスラーのシートは体を支えることができず、ズルズルと動いてしまいます。 また、リアシートバックとラゲッジボードは樹脂製とすることで、汚れや水滴も簡単に噴き上げることもカンタン。 タフトは低全高パッケージゆえ、全高がハスラーの1680mmに対して1630mm(ルーフアンテナを除くと1600mm)、と低く、とくに後席の頭上空間をかせぐためには、後席を低くセットする必要があり、約7cmぶんフロアに対して高さが必要になる後席スライドレールをあきらめ、結果、後席のスライド機構はなし。 ハスラーの発売を直前に控えた今、ひとまず見た目と、現段階でわかっているスペックを比較してみよう。 売れ筋となる中堅グレードは両車ともに自然吸気エンジン、積雪地域では4WDの購入率が高くなることから、両方の駆動方式で比較してみました。

>

全方位で徹底検証!スズキ「ハスラー」とダイハツ「タフト」買うならどっち?|@DIME アットダイム

また、バンパーのリフトアップ感の演出もタフトのポイントです。 外観は水平基調で、ピラー(柱)やウインドウを直立させた。 「 9インチスマホ連動ディスプレイオーディオ」を採用。 収納設備やトレイも豊富に採用されている。 しかし. 両車の室内で異なるのはシートアレンジだ。

>