ジュビロ 磐田 ユース。 【ユース セレクション】ジュビロ磐田(静岡県)

ジュビロ磐田

ジュビロの伝統うんぬんの問題ではないように思えます。 6000得点目 鈴木秀人 【1999年2nd第12節(11月7日)・広島戦】 J2リーグ [ ]• その後、第2戦の静岡ユース戦と第3戦ので先発出場するなど3試合に出場した。 2009 :現在 代表取締役 ディフェンダー DF [ ]• スーパープリンスリーグ東海 第6節 ジュビロ磐田U-18 1-1(0-1)静岡県立藤枝東高校 ゆめりあサッカー場 (磐田)48分 オウンゴール (藤枝)33分 各務元夢. が暫定監督として指揮を執ったのち、8月20日より出身のが監督に就任。 2019 :現在所属• 中山が27試合出場36得点(現在リーグ戦最多得点記録)を記録。 天皇杯ではにで敗れ、2年連続でベスト8。

>

J2降格も…なぜジュビロ磐田は弱くなったのか?

2012. 1998 :現在ユース監督兼U-15日本代表アシスタントコーチ• 6月にがへレンタル移籍。 歴史 [ ] 1990年代 [ ] 1972年に創部したが前身となり、1992年にとして承認され、1993年に1部で準優勝して、翌年からのJリーグ参加が承認された。 8 :現在 所属• 2005-2009 :現在コーチ• 2012 :現在 所属• 損益 [ ] 年度 収入 広告料 入場料 配分 その他 費用 事業費 人件費 管理費 利益 純利益 2005 3,890 1,704 654 317 1,215 4,073 3,349 1,834 724 -183 -106 2006 3,717 1,946 561 338 872 3,939 3,238 1,869 701 -222 -214 2007 3,594 2,127 524 277 666 3,515 2,845 1,575 670 79 85 2008 3,387 1,882 582 266 657 3,659 3,051 1,657 608 -272 -258 2009 3,422 1,943 511 225 743 3,395 2,684 1,582 711 27 4 2010 3,151 1,793 408 339 611 2,901 2,308 1,254 593 250 209 出典: 各年度のJクラブ決算一覧。 1994 :現在GKコーチ• 元のが完全移籍で加入。 2002-2003 :現在選手兼ヘッドコーチ• 1998-2005 :現在ジュビロ磐田U-14コーチ• 静岡 は、昨年度、で8位となり、同勝点の 茨城 を総得点で上回り残留に成功した。 佐藤洋平 164試合 引退• 2005-2009 :現在サッカー部コーチ• 人工芝グラウンド1面。 奥大介【1998年2nd第8節(9月26日)・市原戦】• 同年にはのを獲得した。

>

2020SBSカップドリームユースサッカー|公式サイト

1998-2002 :現在選手兼任監督• で「水色の宮廷」の意味。 1994 :現在サッカー事業本部本部長• 10番つけて司令塔みたいな感じ。 広島がとにかく豪華だと思っていた世代ですが、メモを見るとジュビロ磐田もJリーグ入り・プロ入りしている人が結構多そうです。 成岡翔が福岡、上田康太が大宮、犬塚友輔が甲府へ完全移籍。 バックスタンドのフリーゾーンアウェー(一部除く)を貸切にし、地元の小学生5-6年生とその保護者を招き「磐田市小学生一斉観戦授業」を行っている。

>

J2ジュビロ磐田、23日開幕戦 ユース出身4人の先発有力|静岡新聞アットエス

ポジションは。 岩手県4部という下部でプレーしてからの復活って、かなり珍しいパターンじゃないですかね? 以下は途中出場だった選手。 1stステージは2位。 2014年 - 2015年(J2) [ ] クラブスローガン :「 勝! ナビスコ杯は準々決勝敗退、直後に監督が辞任する。 安藤隆人 2016年12月7日. 最優秀選手(MVP)• 2005 -• 同年の同選手権は運営面の問題で開催不能となる。

>

2020SBSカップドリームユースサッカー|公式サイト

1994-1997 :現在サッカースクールコーチ• 2009 - 前田遼一• 記憶が曖昧なように、そっちでは出ていたとしても目につかなかったのだと思います。 2011年 静岡産業大学サッカー部コーチ、サッカー部コーチ、刈谷北高校サポートなど 獲得タイトル [ ]• 」がジュビロ磐田のオフィシャルテーマソングとなっている。 選手としては2017年7月の時点で無所属 関連項目 [ ]• 2008-2009,2012 :現在所属• 2005-2006,2008 :現在ジュビロ磐田普及推進スタッフ• アジアクラブ選手権(現ACL)で初優勝。 なお、勝ち点31は1999年よりJリーグが2部制になってからのJ1年間最下位チームとしては最多であった。 昨季初めて開幕戦のピッチに立ったMF上原は「(今季から着ける背番号)7番に恥じないプレーをしたい」とそれぞれ決意を示し、1年でのJ1復帰を誓う。 1stステージでは従来の4-2-3-1だけでなく、相手にあわせて3-4-2-1も併用して8位に入った。 現役選手・スタッフ [ ] 監督・コーチ [ ] 役職 名前 生年月日 年齢 在職年 前職 備考 監督 1955-01-01 (65歳) 2000年9月 - 2002年 2004年9月 - 同年11月 2020年10月 - ジュビロ磐田 強化本部長 再任 コーチ 1973-09-23 (47歳) 2020年10月 - ジュビロ磐田 育成部 新任 1982-09-14 (38歳) 2019年7月 - ジュビロ磐田U-15 監督 新任 フィジカルコーチ 1979-12-06 (40歳) 2019年11月 - GKコーチ 1970-06-07 (50歳) 2015年 - GKコーチ アシスタントコーチ 1985-12-06 (34歳) 2020年 - ジュビロ磐田 普及スタッフ 新任 選手 [ ] Pos No. をから完全移籍で、をから期限付き移籍で獲得。

>

スーパープリンスリーグ東海第6節ジュビロ磐田vs藤枝東

が横浜、ロドリゲスがへ完全移籍。 試合において退場は次の試合への出場はできない。 テクニカルエリアを設定する。 2016-2017 :現在所属• 公式戦初出場 - 第1節・対戦()• 1994-1995 :現在サッカー解説者、静岡産業大学サッカー部コーチ• ジュビロ磐田の 外部リンク [ ]• 、同一クラブから史上最多タイ7人 田中、鈴木、名波、福西、藤田、中山、高原 選出。 2012春からで視聴できる「ジュビロTVモバイル(会員登録必要)」がスタートした。 3試合0得点• 年間順位4位。 J2・3位の仙台とのを1勝1分とし、残留。

>

スーパープリンスリーグ東海第6節ジュビロ磐田vs藤枝東

8-2015 :現在スクールコーチ• 2020年10月27日現在。 シーズン年間は6位。 2007 :現在U-14監督• 山本康裕 260試合 継続中• 1995-2001 :現在少年サッカー指導者、サッカー解説者• で初優勝。 1996• そのイベントが開催される試合ではその選手に因んだ応援グッズが配布される。 ユース(U-15)出身 元日本代表 13 1986-11-21 (34歳) 2012年 - 横浜FC 14 1995-01-25 (25歳) 2017年 - 大分トリニータ 15 1999-05-12 (21歳) 2018年 2020年 - 再加入 期限付き移籍から復帰 18 1989-01-02 (31歳) 2017年 - 23 1989-10-29 (31歳) 2008年 - 2014年7月 2016年 - アルビレックス新潟 ユース出身 26 1998-07-24 (22歳) 2017年 - 30 2001-08-25 (19歳) 2020年 - ジュビロ磐田U-18 新加入 34 1998-10-15 (22歳) 2017年 - 50 1980-01-28 (40歳) 2020年10月 - 新加入 期限付き移籍 元日本代表 FW 9 1997-08-08 (23歳) 2016年 - 2019年7月 2020年 - 水戸ホーリーホック 再加入 期限付き移籍から復帰 11 1991-09-21 (29歳) 2019年7月 - 16 1995-07-23 (25歳) 2018年 - 2019年 2020年 - 再加入 期限付き移籍から復帰 19 2001-05-08 (19歳) 2020年 - ジュビロ磐田U-18 新加入 20 1990-04-10 (30歳) 2020年 - 新加入 27 2002-03-20 (18歳) 2020年 - 新加入 期限付き移籍加入の選手 [ ] Pos 選手名 生年月日 年齢 移籍元 移籍期間 備考 DF 1998-04-13 (22歳) 2020年2月1日 - 2021年1月31日 育成型期限付き移籍 C大阪と対戦する公式戦出場不可 1995-07-25 (25歳) 2020年8月20日 - 2021年1月31日 横浜FMと対戦する公式戦出場不可 MF 1980-01-28 (40歳) 2020年10月5日 - 2021年1月31日 G大阪と対戦する公式戦出場不可 加入内定選手 [ ] Pos 選手名 生年月日 年齢 加入日時 現在所属先 備考 DF 1998-11-20 (22歳) 2021年 ユース出身 出身 現在特別指定選手として在籍 期限付き移籍中の選手 [ ] Pos 選手名 生年月日 年齢 在籍年 移籍先 移籍期間 備考 DF 1990-07-02 (30歳) 2018年 - 2019年 2020年2月1日 - 2021年1月31日 磐田と対戦する公式戦出場不可 1991-10-27 (29歳) 2017年 - 2019年 MF 1988-09-21 (32歳) 2019年 外国籍選手 [ ] -- 背番号遍歴 [ ] 1-10 [ ] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 2020 八田直樹 今野泰幸 大井健太郎 - 櫻内渚 フォルリン 上原力也 大森晃太郎 小川航基 山田大記 2019 新里亮 エレン 田口泰士 ムサエフ 太田吉彰 中村俊輔 2018 - エレン ギレルメ 2017 中村太亮 - - 上田康太 2016 小林祐希 ジェイ - 2015 - 岡田隆 駒野友一 田中裕人 2014 菅沼駿哉 ポポ ペク・ソンドン 山崎亮平 山田大記 2013 川口能活 - 小林裕紀 2012 - 千代反田充 ロドリゴ・ソウト 2011 加賀健一 岡田隆 - 那須大亮 - ジウシーニョ - 2010 大井健太郎 成岡翔 2009 鈴木秀人 茶野隆行 太田吉彰 中山雅史 2008 田中誠 河村崇大 2007 マルキーニョス・パラナ エンリケ 菊地直哉 2006 服部年宏 名波浩 菊地直哉 2005 河村崇大 グラウ 藤田俊哉 2004 佐藤洋平 上本大海 2003 ヴァン・ズワム 2002 大岩剛 2001 佐伯直哉 奥大介 2000 尾崎勇史 井原正巳 三浦文丈 1999 古賀琢磨 アジウソン 名波浩 1998 遠藤昌浩 ドゥンガ 1997 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11-20 [ ] 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 2020 ルキアン サポーターナンバー 宮崎智彦 松本昌也 伊藤洋輝 中野誠也 - ムサエフ 三木直土 ルリーニャ 2019 ロドリゲス アダイウトン 森谷賢太郎 小川航基 山田大記 川又堅碁 2018 松浦拓弥 - 2017 齊藤和樹 清水貴文 2016 高木和道 岡田隆 森島康仁 2015 坪内秀介 - - 伊野波雅彦 2014 阿部吉朗 - 金園英孝 前田遼一 - 2013 - 菅沼実 金沢浄 山本脩斗 2012 押谷祐樹 - 2011 西紀寛 イ・ガンジン パク・チュホ 荒田智之 2010 犬塚友輔 2009 萬代宏樹 村井慎二 加賀健一 金沢浄 ロドリゴ 岡田隆 2008 森下俊 名波浩 中島良輔 2007 林丈統 2006 西野泰正 岡本達也 太田吉彰 藤井貴 金珍圭 2005 川口信男 森下仁志 崔龍洙 成岡翔 大井健太郎 2004 岩丸史也 山本浩正 山西尊裕 高原寿康 2003 山本浩正 ジブコヴィッチ 松下太輔 2002 北出勉 鳴尾直軌 金沢浄 2001 大神友明 清水範久 高原直泰 2000 久藤清一 安藤正裕 名波浩 小林弘記 佐伯直哉 1999 今野章 小林弘記 前田浩二 1998 デジマール アレサンドロ 森山佳郎 久藤清一 1997 スキラッチ 大山直大 柄谷典宏 松森亮 鈴木将方 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21-30 [ ] 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2020 杉本大地 中川創 山本康裕 小川大貴 森岡陸 藤川虎太朗 吉長真優 石田崚真 舩木翔 清田奈央弥 2019 カミンスキー 大久保嘉人 大南拓磨 荒木大吾 秋山陽介 上原力也 2018 - - 2017 松井大輔 2016 上村岬 石田崚真 牲川歩見 2015 - 櫻内渚 木下高彰 2014 - 山本康裕 チンガ 坪内秀介 2013 八田直樹 チョン・ウヨン チョ・ビョングク 松岡亮輔 北脇里規 阿部吉朗 2012 菅沼駿哉 - 2011 小林裕紀 - 山崎亮平 - - 船谷圭祐 本田慎之介 2010 カレン・ロバート 松浦拓弥 上田康太 2009 吉原慎也 押谷祐樹 須崎恭平 2008 松井謙弥 駒野友一 森野徹 山崎亮平 藤井貴 2007 佐藤洋平 - ファブリシオ 八田直樹 2006 福西崇史 松下幸平 中村豪 森野徹 2005 森下俊 西野泰正 菊地直哉 藤井貴 2004 松井謙弥 加賀健一 ガヴィオン 2003 高原寿康 挽地祐哉 原拓也 佐藤洋平 チャゴ - 2002 船津佑也 金根哲 上本大海 清野智秋 熊林親吾 挽地祐哉 加賀健一 2001 山本浩正 河村崇大 前田遼一 平野孝 鳴尾直軌 2000 箕輪義信 ジヴコヴィッチ 喜多靖 西紀寛 河村崇大 ヴァンズワム ロベルト・トーレス 1999 坂本紘司 喜多靖 泰澤秀幸 山田智紀 倉貫一毅 1998 佃賢典 松原良香 石野竜二 古賀琢磨 奥大介 1997 小林弘記 勝矢寿延 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31-40 [ ] 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 2020 志村滉 - 藤田義明 針谷岳晃 - 三浦龍輝 - 山本義道 - エベシリオ 2019 中山仁斗 森下俊 ファビオ - ルキアン 2018 - モルベッキ 伊藤洋輝 - - 2017 中野誠也 川辺駿 2016 岩元颯オリビエ 中村祐輝 奥田達朗 森岡陸 磯部勘太 2015 井波靖奈 - 大西聖哉 - 2014 竹重安希彦 フェルジナンド - 清水貴文 - 藤ヶ谷陽介 - 2013 植村慶 - - 安田理大 - 2012 黄誠秀 梅村晴貴 金原唯斗 宮村緯 鈴木拳士郎 2011 - - - - 2010 大畑拓也 イ・グノ 山田大記 小林裕紀 2009 八田直樹 - - - 2008 萬代宏樹 須崎恭平 押谷祐樹 大畑拓也 佐藤洋平 山本脩斗 ロドリゴ 2007 松井謙弥 山本康裕 押谷祐樹 須崎恭平 中倉拓 原田開 加藤潤 赤堀勇太 今福雄太 2006 山本浩正 犬塚友輔 松本拓也 - - - - - 2005 上田康太 中村豪 岡本達也 金珍圭 2004 - - - - - - 2003 2002 太田吉彰 高原直泰 2001 - - 2000 松下太輔 ラドチェンコ 1999 鏑木豪 ロベルト・トーレス 安藤正裕 三浦文丈 1998 河村崇大 寶示戸進哉 泰澤秀幸 山田智紀 太田健 1997 アレサンドロ マビリア 布部陽功 - 小山季大 池田早人 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41-50 [ ] 41 42-43 44 45 46-48 49 50 2020 - - 大武峻 鈴木海音 - - 遠藤保仁 2019 高橋祥平 - - - 2018 2017 2016 - パパドプーロス 2015 - 2014 2013 カルリーニョス 2012 牲川歩見 ハン・サンウン 小林祐希 2011 - - ロドリゴ・ソウト 古賀正紘 2010 - 2009 - 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000 1999 1998 1997 中馬健太郎 41 42-43 44 45 46-48 49 50 引退・移籍した選手 [ ] 内は所属年を表す。 第4節終了時点で、3勝1分勝点10で暫定2位。

>