美深 白樺 ブルワリー。 日本最北端にある世界初のクラフトビールのお店が、北海道の美深町に!!!

大好きなビールの世界へ|風間健|note

道すがら日本一の産地幌加内で旨い蕎麦ってのも良いですね。 柳生さんは、美深町の仁宇布(にうぷ)で宿泊施設や羊農場、ジャガイモ畑を営む「松山農場」の代表です。 お昼前、テーブル椅子片付けオーニング巻き取り動き出します。 さて、ビールをビールだけで味わうよりも食べ物をつまみたいので、先ほど書いたタンドリーチキンの他に、美深産フライドポテト(すごいボリューム。 スキー場、居酒屋、山小屋、カフェ、レストラン、不動産、ホテルや旅館、海外を放浪したり自転車で日本一周をしたりと自由気ままな生活に夢中になり気がつけば5年の月日が流れていました。 専門学校の頃、朝は開校前からクラスメイトと集まり実習のミーティング、座学はいつも前列で受ける比較的真面目な生徒だったと思います。 それはこの夏以降の体制によって命運がかわってくるとは思いますが、今はより大きな柵を飛び越える準備をしているようです。

>

美深町のクラフトビール醸造所「美深白樺ブルワリー(レストランBSB)」を紹介いたします!日本最北の醸造所で絶品のクラフトビールを堪能!

それまで大手メーカーのビールしか飲んだことのなかった私は、見慣れない名前のビールたちの読み方もわからずカウンターで「イ. 羊に所縁があるビール名は今でも造られ続けていますよ。 普通のじゃがいもよりもホクホクしてるというか、味がしっかりしているというか、、、 言葉じゃ伝えにくいですが… とりあえず食べてみてください(笑) あとはジンギスカンが食べれなかった代わりに、羊のステーキは用意できるとのことなのでそちらをオーダー。 川村さんは、「はこだてビール」(北海道函館市)で2年程醸造経験を積んだ後、 「Hobo Brewing」(ホーボー ブルーイング)というファントムブルワリーと、 ビアバー「Hobo Beer Stand」(ホーボー ビアスタンド)を運営中。 この白樺樹液を仕込み水に使ったビールを造ろうという発想から誕生したのが美深白樺ブルワリーです。 勤め始めて1年が過ぎた、2016年12月にさる業務で阿佐谷ビール工房(東京都杉並区)を訪れる機会があり、 それまで大手メーカーのビールしか飲んだことのなかった風間さんは、店内で初めて飲んだIPAに衝撃を受けました。 北海道旅行なら必ずと言っていい程皆さんが訪れる札幌市、から車で約3時間! 北海道民でさえ知らない人もたくさんいるくらい無名の町、美深町。 オニオンブロッサム。

>

日本最北端にある世界初のクラフトビールのお店が、北海道の美深町に!!!

前職は、東京のIT企業。 ココからは旧深名線と連れ連れに北上するんです。 そういった考えをお持ちになってからの動きはとても早く、まずは美深観光協会にいらっしゃる敏腕もすぎるほどの人物小栗さんと一緒に美深クラフトビアフェスを企画されました。 美深から移動して名寄を宿にしたら夜中まで楽しめます。 そこでいずれ美深に醸造所を造るという夢をお持ちになりました。 美深白樺ブルワリーこれからも楽しみです。 「 美味しいクラフトビールを造りたい、そしてクラフトビールを通して美深町の地域の活性化を図りたい」という想いから創られました。

>

美深という地

町名の「美深」(びふか)は、アイヌ語で「石の多い場所」を意味する「piwka」(ピウカ)に由来しています。 「 美深(びふか)」は北海道北部にある人口約4400人の小さな町で「 白樺(しらかば)」というのは美深町に多く生えている木の一種で雪解けの時期に幹を傷つけるとほんのりと甘みのある樹液が採取できます。 村上春樹の『羊をめぐる冒険』の舞台は美深だったのではといわれています。 こうした事実より、大都市から離れたこの道北の小さな町においても、 クラフトビール事業が十分にビジネスとして成立すると関係者は確信していました。 スタッフさんも気さくに話してくれるため、旅のいい思い出になることは間違いなしです! 道北旅行をお考えの方にはオススメのお店なので是非利用してください! 公式フェイスブック:. レストランの横には「 クラフトビール」の醸造設備が併設されており、設備を眺めながらビールを飲むことができます。

>

大好きなビールの世界へ|風間健|note

そこで、試しに2017年に埼玉県の醸造所に委託して白樺樹液を使ったビールの試作も行なわれました。 やって来ました大雪地ビール館。 いろいろラインナップは変わるようで、過去こちらを訪れたブログなどを見ると、この日あったもの以外にもいろいろ作っている(いた)ようですね。 そして名寄のモルトリップに初めて訪れたときお目にかかった歩美ちゃんも美深白樺ブルワリーを手伝っている紅一点で、雰囲気が一気に和らいだ印象を持ちました。 ブルワリーと併設レスランは現在、立ち上げ中です。 また、ブルワリー設立の資金調達には、自治体や国の助成金を活用し、 2018年8月17日~10月31日の間にはクラウドファンディングでの資金集めも行ないました。

>

大好きなビールの世界へ|風間健|note

国産 北海道 、アラサーのどさん子。 名誉のために言っておくとその邪推は決して間違ってませんでしたし、自惚れですが我々も引き込まれていくことで今の形になったとも思ってます。 在京中には、和泉ブルワリーの他にも永代ブルーイング(東京都中央区)や、 FUJIYAMA HUNTER'S BEER(静岡県富士宮市)などにも足を運びました。 Five (ダークエール) Hearth Stone (ダブル インディア ペールエール) WHITE LINES (インディア ペールエール) P. 造られたビールは「ワイルドシープチェイス」。 伊勢名物の「赤福」に使われているのも名寄のもち米なんだとか。 ココまで廃線を辿って来たんですから、この先も廃線絡みで旧深名線を辿ることとしました。

>

北海道 クラフトビール一覧

海も山も地方都市も雪もあるので、ご希望の暮らしができるまちが見つかると思います。 そして、これまで全く経験をしたことのないクラフトビールの醸造に、一から取り組むこととなりました。 」としどろもどろしていると店員さんが「これIPA(アイピーエー)って読むんですよ!クラフトビール初心者ですか?なら是非飲んでみてくだいさい!!たぶん衝撃受けますよ!!」と言われるがまま注文したビールは泡がほとんどなく液体がグラスいっぱいに注がれていて「なんか思っていたのと違うかも. 現在は夜の営業のみとのことで、店内の見学と、美深町に移住しクラフトビール作りに奮闘されている方たちからお話を伺いました。 そんな落ち込んでても仕方ありません! 北海道と言えば、ジンギスカンももちろん最高ですが、「じゃがいも」も美味しいのです。 白樺樹液は、美深町内に群生する白樺から年に1度、春先の限られた期間にだけ抽出される樹液です。 レストラン ビーエスビー 関連ランキング:ビアバー 美深駅. 地元の方々と「文化醸造」という言葉をよく話します。

>

北海道 名寄市&美深町に行ってきました!

「こんな場所にこんなオシャレなお店があるなんて. そこからいろんなことがありました。 冬超寒く夏超暑い盆地の街。 ランチ営業は無いようです。 ただ、クラフトビールをつくるだけではなく、人が集まる場所や、町の文化・産業を創っていきたいという想いが素敵です。 クラフトビールをよく知らない方でも、スタッフさんに尋ねるとオススメのビールをチョイスして提供してくれるので安心ですよ。 美深白樺ブルワリーのこれまでの経緯は、以下の通りです。

>