北京 コロナ。 北京を襲った新型コロナウイルスの「第2波」への対応は、世界にとっての教訓になる

中国「サーモンからコロナ感染」疑惑の大波紋

中国メディアによると、対応が不十分だったとして、市場のある北京市豊台区の副区長らが更迭された。 市は19日、感染者数などについて偽情報を流したとして10人を拘束したと発表した。 たとえばアメリカで流行しているウイルス株のほとんどは、ヨーロッパから来ているが、しかし「どの国から来たウイルス株である」というのは非常に特定しにくい。 しかし、単に「欧州起源」と述べるのはあまりにも大雑把で、誤解を招く恐れがあると専門家は指摘する。 北京市最大の食品卸売市場「新発地」で集団感染が発生しており、同市では11日以降、計79人の感染が判明した。 新型コロナウイルスの流行以降、感染状況について信頼できる情報を発信している上海市復旦大学付属華山病院感染科の張文宏部長は、今回の事態について、中国中央テレビ(CCTV)の取材に対して、北京は良いニュースと悪いニュースの両方をもたらしたと見ている。 swiper-pagination-progressbar-opposite,. (日本にはいるかも) 欧米の経済学者でさえも中国の発表するGDPは偽装だと言っています。

>

北京の市場感染者200人超…統制強化、「偽情報」流布で10人拘束 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

地元テレビ局の女性記者が、その様子を満面の笑みで実況する。 まるで正式の勝利宣言を紙ベースで行ったかのような行動を中国政府が表明したというのに、その4日後には又もや武漢と同じく海鮮を含めた卸売市場での集団発生。 市内の飲食店の多くが仕入れに利用しているとみられ、市場発の感染「第2波」に警戒が強まっている。 事実上、4月の経済データは、市場のリバウンドの速度が弱まっており、経済における憂鬱な要素が増えていることを示していた。 その意味で、市場で扱う冷凍食品がもし汚染していたとするなら(冷凍食品にコロナウイルスが付着していたとするなら)、このウイルスは2~3ヵ月は生き続けると考えていい。 swiper-pagination-bullets-dynamic. 1つはコロナ感染した「物」が北京に持ち込まれたということで、もう一つは感染した人が北京に入り込んでしまったということだ。

>

北京がコロナ第2波で再び「戦時状態」 感染者ゼロで緩和5日後の急拡大: J

「財新」取材班が徹底検証した。 河北省も15日、北京の感染者と濃厚接触した3人の感染が分かったと発表した。 死者や感染者が増えるにつれ、トップページに特設ページが開設されて、毎日数字をグラフで見れるようになり、特設ページは日に日にコンテンツが充実していって、北京市内のどのマンションから感染者が出たか、色が変わるマップで確認出来るまでになっていました。 我が国「おもてなしの国」日本では日本の病院でウイルス感染者の中国人様を手厚く看護しています。 居住者以外敷地内出入禁止の次には、居住者の登記、連絡先の登録が強制されて、ゲートのカードに黄色い紙が貼られて、紙が無い人は横にはじかれ検査されるようになり、その場で個人情報を書かされます。

>

北京がコロナ第2波で再び「戦時状態」 感染者ゼロで緩和5日後の急拡大: J

swiper-pagination-bullet-active,. 新型コロナウイルスの感染者が相次いで見つかっている北京新発地卸売市場において、サーモンを切ったまな板の表面に新型コロナウイルス検査を行なったところ陽性だった。 北朝鮮などは貧しい国ですが毅然と対応しています。 それからわずか5日後の11日、このような緊急事態が発生したため再び2級に戻した。 始まりはショッピングモールの入口で、仮設テントにテーブルが設置され、2種類のQRコードが貼り付けてありました。 (日本以外) 北朝鮮は中国からの観光客を禁止しましたし、フィリピンでは中国からの観光客を400人ぐらい送還しました。 「新型コロナが猛威を振るっていた2月、3月でも、我々は店を閉じず、客がよく来てくれた。 春節が延長された北京はゴーストタウンとなり、文章にすると、ふーんと思うかもしれませんが、今日本で、住民票や職場のある都道府県から他県へ行く事が禁じられて、県境に警察が鎮座し、運転免許証や健康保険証をチェックされ、感染エリア居住の場合跳ね返されたら、国民はどんな対応をするでしょうか。

>

北京のコロナ集団感染、サーモン原因説は確認必要=WHO

北京では3月23日以降、国際航空便の直接乗り入れを禁止するなど厳しい防疫措置を取ってきた。 ウイルスは欧州から流入したのか? 新しい感染例についてすでに公表された疫学的な調査の結果はすべて、新発地卸売市場(訳注:北京市南西部の豊台区にある北京最大の農産物卸売市場)が感染源であることを指し示している。 特に首都北京だけは守ってきたのに、その北京が発生源となって第二波が襲ってきたら、一党支配体制も危うくなる。 中国政府のメンツが丸つぶれになってしまっただけでなく、北京市民は武漢の再現かと恐怖におののいている。 WHOによると、新規感染では100人以上から陽性が確認されているが、死者は報告されていない。 感染者ゼロという目標を求め続けてきた北京は、これから正念場を迎える。 この百歩亭の宴には4万戸が参加したという。

>

中国北京のコロナウイルスの現状

なぜ第二波が起きたのかに関して、中国の専門家は「ヨーロッパなどの感染流行地からの輸入品が原因である可能性が高い」と分析している。 北京を襲った新型コロナウイルスの「第2波」への対応は、世界にとっての教訓になる WIRED. 卸売市場のまな板からウイルス 約20万人に対するローラー作戦による徹底調査が実施されているが、感染を抑え込めなかったことで、北京市のある副区長など4名のリーダーが免職処分を受けている。 それによれば、「武漢華南海鮮市場では昨年12月末から今年1月17日までに62人の感染者が出たのに対して、今般の北京新発地市場では4日間で79人の感染者が出ているので、北京の市場で見つかったウイルスは武漢の市場で見つかったウイルスに比べて感染力が高い」とのこと。 居住区域の出入方法が毎週変わるなんて、日本では考えられません。 市は感染関連の情報統制と取り締まりを強化している。

>

北京コロナ第二波はなぜ起きたのか?(遠藤誉)

(在北京ジャーナリスト 陳言). 6月13日、北京ではスーパーや日本料理店がサーモンを売り場から急いで撤去した。 ここ数日、北京における新型コロナウイルスの感染が勢いを増している。 でも、顔はひとつの個人情報であって、民主主義の現代のもとでは個人情報は守られるべきであり、(例え中国が共産主義であろうが、資本主義国家と対等に渡り合い、世界のトップの経済を牽引しているわけなのだから、グローバルスタンダードは守るべきでしょう…)自国の国民だけでなく、中国から許可を得て仕事で滞在している外人に対しても、義務として毎回顔情報を提供させるのは行き過ぎではないかと、思います。 6月15日、中国が公表した5月の経済データもこの見方を実証している。 しかし、警鐘を鳴らした医師たち、現場で真相をルポしたジャーナリストたちは、共産党によって沈黙させられる。 仮に感染源が「欧州で流行した菌株という結果が示されれば、人から人への感染が他の仮説以上に鮮明に示される可能性がある」と述べた。

>