スマート シティ 意味。 「スマートシティ」って何だろう?その正体と事例を徹底解説!

スマートシティ(Smart City) とは

2010年ごろから世界各地で実証実験が始まり、先進国、開発途上国それぞれの実情に合わせたまちづくりが進められている。 現に、SDGs Sustainable Development Goals というUNDPが定めてる、2050年までに達成したい目標の中の SDGsだけに関わらず、都市問題って結構あって、都市を「効率化」することによって、これらの問題解決できる手段のとも言えるかもしれません。 スマートシティは、都市の問題を解消し、人々の生活の質を高めるものとして現在注目されています。 住みやすさが向上したことで、生産人口の増加による経済発展・税収がアップ。 こうしたデジタルシティーの構築を官民が連携して都市単位で進めていく必要がある。 そうなると、これからの日本が立ち向かわなくてはならない少子高齢化と地方創生の2つの社会的課題解決が遠のきますね。 持続可能な生活(Sustainable Living) -・・・スマートメーターの導入による、消費電力の可視化(見える化)と市民の環境意識・電力利用行動(ライフスタイル)の変革促進• つまり、オプアウト型を採用したことで、個人情報の扱いについて住民の反発を受け、よりよい生活環境の充実や効率的な都市運営が難航しているどころか、中にはトロントから離れる住民まで出てしまいました。

>

【スマートシティ】日本のスマートシティ導入論議に必要不可欠な社会観とは 南雲岳彦 三菱UFJリサーチ&コンサルティング専務執行役員

そこで重要になってくるのが内閣府を始めとする国の役割で、域内運営の主体を担う官・民・産・学によって構成された機関いわば「ミニ独立政府」設立を促し、その責任者として各自治体首長へ「強い権限」を付与する必要があります。 なお、NTTとのタッグにおいては、NTTの通信インフラにおける高い技術力を生かした、新たなサービスの開発も進めていく模様。 次に、ゼロからスマートシティーを作る、いわゆるスクラッチ型である。 スマートシティ ITや環境技術などの先端技術を駆使して街全体の電力の有効利用を図ることで、省資源化を徹底した環境配慮型都市。 「スマートシティ」の概念を掘り下げる~その定義と目指すところ~ スマートシティの定義 スマートシティという言葉からは、まずオンラインセンサーやデバイスを使って町の中で起こる営み(ごみの収集・電気・治安維持・駐車場管理など)に関する大量のデータを収集し、住民にとって有益なサービスを提供しようとするものであるという概念が挙げられます。 それでは、そんなスマートシティの中でもすでに実験段階に来ている街についてお伝えしましょう。 南雲 そう思います。

>

【スマートシティ】日本のスマートシティ導入論議に必要不可欠な社会観とは 南雲岳彦 三菱UFJリサーチ&コンサルティング専務執行役員

また、この際に重要なのは今後5Gをはじめとする通信技術は短期に技術革新が起こるため、通信インフラを資産として整備するのではなく、リース化しておき、技術革新に併せてバージョンアップできる枠組みを整えておく必要がある。 0」の到来が間近に迫る今、地域・年齢・性別・言語による格差なく、モノやサービスを提供するスマートシティの実現が期待されています。 そこで、クラウドやビッグデータなどを利用して種類・量ともに多くのデータを収集し、リアルタイムで都市機能の効率化に生かそうという動きが出てきました。 新たな応用技術 (自動運転、ドローンなど) などの「民間企業シーズ」が、随時スマートシティへ実装されていくと考えられます。 国交省が目指す「分野横断型」に至ったとは言い難いものの、災害時に拠点となる小・中学校へ緊急用蓄電池の設置計画を進めるなど、エネルギー改革を中心にスマートシティ化の「横展開」にも力を注ぎ始めています。 例えば交通量が激しくって、交通事故が多いところとか、下水や汚物処理っていうのがちゃんとできていないところ。 HEMS(家庭用エネルギー管理システム)・・・4,200世帯• スマートシティとの違いとしては、スーパーシティはただ最先端技術の実験の場となるだけではなく「暮らし」により近づけた形にしていくこと。

>

【スマートシティ】日本のスマートシティ導入論議に必要不可欠な社会観とは 南雲岳彦 三菱UFJリサーチ&コンサルティング専務執行役員

加えて、日本企業が海外都市のスマートシティ・プロジェクトに参画する例もあります。 運転者が危機意識を感じることで、車の速度を抑制し、事故の未然防止につながっています。 具体的に導入されたのは• スマートシティと似た言葉には 「スマートタウン」「スマートコミュニティ」という言葉があるのですが、この言葉はもともと「環境にやさしい街」の意味合いが強いです。 今後さらに人口が増え続ける中で、スマートシティは多種多様な問題を解決するために有効なソリューションとなっていくでしょう。 そしてすべての医療・介護が在宅で可能となり、生活に必要な行政手続きや書類入手も個人デバイス1つで完結。 そもそも本プロジェクトは、これまでも多くの課題が内在していた。 このため、スマートシティ化された一見便利そうな新都市が生まれたけれども、住民が集まらない、誰も住まない、結果として多産多死になる可能性も多分にあると思います。

>

【スマートシティ】日本のスマートシティ導入論議に必要不可欠な社会観とは 南雲岳彦 三菱UFJリサーチ&コンサルティング専務執行役員

私たちが毎日使っている電気を作るために使われている石油はあと60年で枯渇すると言われています。 会員となった企業が、内閣からのスマートシティ化の支援がある• 南雲 こうしたスマートシティを切り口に、生き方や価値観をどのようにとらえるかが重要になります。 例えば新しい水道メーターを取り付けたり、パーキングメーターを新調する際に、インターネット接続デバイスを搭載しリアルタイムで情報を送信できるようにすることができます。 バルセロナ内の歩行者が頻繁に通行する道路にはスピードセンサーが埋め込まれていて、道路を通過する自動車が時速30km以上で通行すると、次の信号が自動的に赤になる仕組みを取り入れています。 日本はAIやIoTといったテクノロジーの分野で遅れをとっていると言われていますが、スマートシティにおいて重要な環境分野では先進的な技術をもっています。 しかし近年ではIoT・AIや官民双方のビックデータのフル活用によって、交通・観光・防災・健康・医療・エネルギー・環境など、複数分野を包括的に連動・最適化する「分野横断型」へシフトを始め、モビリティをサービスとして捉える「MaaS」もその一例です。 例えば、フランスの不動産開発大手Bouygues Constructionが進める「LinkCity」というスマートコミュニティ開発のためのプロジェクトでは、英ロンドンやスイス・バーゼル、フランス・ニースで都市開発を行っています。

>

【スマートシティ】日本のスマートシティ導入論議に必要不可欠な社会観とは 南雲岳彦 三菱UFJリサーチ&コンサルティング専務執行役員

行政・・・ワンストップ窓口・ワンスオンリー(情報の再提出不要)・ペーパーレスによる、各手続きの効率化など。 これは建物や土地を動かす話ではないので、レトロフィット型でもスピード感を持って進められる。 例えば、2015年にはITコンサルティング企業の日立コンサルティングが、デンマーク・コペンハーゲン市のスマートシティ構想において、ビックデータプラットフォーム構築プロジェクトの事業パートナーとなりました。 5年後でみると、東京の人口も減り始め、日本全体で少子高齢化問題が勢いを増します。 愛知県豊田市• トリガーや転換期は、オリンピック後に訪れるでしょう。 東京ドーム約15個分に値する175エーカー 約70. また、ベンチャー企業によるスマートシティ・プロジェクトへの参画も多く見られます。

>