統一 河川 情報 システム。 自治体の情報システム 仕様統一を義務づける法案提出へ 総務省

行政デジタル化、5年で完成 自治体システム統一―菅首相指示:時事ドットコム

統一河川情報システムデータの利用• 業は含まない) 河川情報システムのシステム構成〔解説〕. データ伝送上では、警報値、上昇下降情報を扱いません。 予測計算プログラムは水系の特徴に応じて貯留関数、分布型、それら2種類のハイブリッド等から選択できます。 また、事務所固有演算も実装されていないため、 これを吸収する装置として、三次演算装置を必要に応じて導入する必要があります。 水防活動・支援• 画像解析による流速測定イメージ 本技術は、撮影された映像から河川の流速測定が可能となる技術です。 近年ではこれに加え、住民に防災情報を提供するためのシステムの検討・開発も行っています。 統一河川情報システムは、国土交通省から支給されるソフトウエアで動作します。

>

防災・減災システム|情報システム|いであ株式会社

行政のデジタル化を進めるため、政府は、自治体ごとに仕様が異なっている情報システムについて、令和7年度末までに国のシステムと統一する目標を掲げていて、その実現に向けて、総務省は、来年の通常国会に新たな法案を提出する方針です。 既設CCTVカメラの活用• 首相は「住民が引っ越しをしても同じサービスを受けられ、全国一斉に迅速な給付を実現するために不可欠なものだ」と述べ、システム統一の意義を強調した。 ・久慈地区 明内川雨量局について、機器故障のため現在欠測しております。 従来の河川情報と異なり、上位局からレーダデータ、気象庁アメダス等のデータ配信を受信することができます。 防災教育用教材• XRAIN Xバンドレーダ データの利用 氾濫予測システム• ダム管理支援システム 画面イメージ ダム管理支援システムはダムの洪水管理や低水管理を効率的に支援するシステムで、複数ダムの管理においては、ダム統合管理を行うにあたり情報支援をするシステムです。 防災学習 CCTV水位観測システム「Dr. 洪水予測システム 画面イメージ 国や自治体が管理する河川において、リアルタイムに河川の洪水予測を行うシステムです。 設定情報の取り扱いを一元管理することにより、観測所の追加などの全国の設定変更を 同期させて一度に変更できます。

>

自治体の情報システム 仕様統一を義務づける法案提出へ 総務省

観測には橋脚や護岸等水面輝度の違いを認識するため、構造物へのマーキングや目盛柱等の特別な設備を河川内に設置することなく、非接触で水面位置を抽出します。 政府は年内に工程表を策定する予定。 氾濫予測結果のGIS表示• 流量観測• 降雨予測のデータをオンライン入力し、10分間隔で現時刻から数時間後までの予測対象地点の水位予測計算を行い、水系の出水状況をWeb画面上にグラフ等で視覚的に表示します。 渇水時の低水管理• 小松尾雨量局、中外川雨量局について、以下の日程で冬期閉局します。 氾濫予測システム 画面イメージ 氾濫予測システムは降雨予測のデータをオンラインで入力し、10分間隔でリアルタイムに洪水予測計算を行い、対象水系の氾濫危険性の高まった河道地点を一覧および地図上に強調表示するシステムです。 洪水時の放流量調節• 洪水予測システム• 業務システムは現在、自治体ごとに独自に構築しているため、出力様式や入力項目などが異なり、制度改正に伴う改修や維持管理の費用負担も大きい。 水位観測所よりも数倍多く整備されているCCTVカメラの映像を活用し、非接触で水位計測することで、既設の水位観測施設の補完的役割が期待されています。

>

岩手県 河川情報システム

6 警報確認 警報判定機能が正常であることを確認する。 各自治体が仕様を統一する際の経費は、国が基金を創設して支援することにしていて、政府は、必要な費用を今年度の第3次補正予算案に盛り込むことにしています。 避難経路探索機能• また、浸水深と流速値の関係から、任意で設定した避難経路において危険個所が発生するか否かを判別し、その危険状況を表示する機能を装備しています。 会合で首相は「22年度末にはほぼ全国民に行き渡ることを目指す」と改めて表明。 2020. Photo-IDEAの活用イメージ 市販のデジタルカメラで撮影した複数枚の写真から写真計測を行い、対象物の3Dモデルを構築し、を開発しました。

>

岩手県 河川情報システム

洪水時の流速観測は、現場で人が測定作業を行うため危険が伴うことや観測体制が整わないことがあり、安全にかつ連続・自動観測が可能な観測手法が求められています。 カード未取得者へ改めてQRコード付き申請書を送付するほか、カード所有者向けの消費活性化策「マイナポイント」の周知徹底などを図る考えを示した。 総務省によりますと、仕様の統一によって、国と自治体の間や自治体どうしのデータのやり取りが迅速に行えることになり、システムの維持管理費用の大幅な削減も期待できるということです。 防災・減災システム -水災害を防ぎ減らすためのシステム開発- 当社では従来から洪水予測や氾濫解析のシステム構築を行っています。 従来の管内河川情報データだけでなく、レーダ、気象庁アメダス、降水予測(ナウキャスト) を扱い、より高度な情報提供が行えます。

>

16

Webブラウザを利用して、水系全体で氾濫の危険がある地域を視覚的に確認することができます。 10 クラスタ機能の確認 伝送系装置稼働系、待機系の切替機能を確認する。 水面境界位置の検出• 河道管理•。 砂州モニタリング• 確認 配信時刻を確認する。 政府は25日、行政のデジタル化推進に向けたワーキンググループ(WG)の会合を首相官邸で開いた。 普及促進が課題となっているマイナンバーカードについては、WGが6月、運転免許証との一体化やスマートフォンへの機能搭載など33項目の課題を整理していた。 データの入出力は、「統一河川TM伝送仕様」TCP/IPによる通信のみです。

>

防災・減災システム|情報システム|いであ株式会社

降雨予測データやダムの空き容量等をオンラインで入力し、リアルタイムにダム流入量の予測計算を行い、ダム操作に必要な諸情報を出力します。 貯留関数洪水予測• 水位抽出の原理 本システムは、です。 画像解析技術 写真画像による3Dモデリング Photo-IDEA• 浸水想定区域Web表示システム 画面イメージ 氾濫解析プログラムを利用して解析された結果を、一般市民が簡単に表示・閲覧できるWeb版の表示系システムです。 周辺にはIF変換装置等で、シリアル、BCD、CDT等を変換する装置が必要です。 全国一ヶ所で、各種データの諸元、警報値、演算定数を一元管理できます。 電子国土Webの利用• また最新技術開発として、画像解析による水位・流速計測技術、写真画像からの3Dモデリング作成技術、青少年の防災意識を高めるための教育用教材等の開発も行っています。 危険度判定• 社会貢献• 災害後の迅速な状況把握への活用. 学べる災害は、「地震」、「津波」、「洪水」、「土砂崩れ」4つの災害です。

>

自治体の情報システム 仕様統一を義務づける法案提出へ 総務省

Webブラウザ上のGIS表示機能 ダム管理支援システム• 非接触型水位計測技術 画像による流速解析• そこで、カメラ撮影された映像をもとに、時間経過にしたがって変化する水面状況を非接触で画像解析によって流速を測定することで、安全かつ効率的、的確に流速測定する技術を提案します。 ダム効果算定システム 浸水想定区域Web表示システム• 「Photo-IDEA」は、目標対象物に対して複数地点から撮影した写真をもとに3Dモデルを構築します。 首相は「今後5年間、2025度末までに必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)を完成するための工程表を、省庁の縦割りを乗り越えて作成してほしい」と指示。 法案では、全国の都道府県と市区町村に対し、5年後までに、住民情報や税、社会保障などの主要な17の業務のシステムについて、国が指定する仕様に統一することを義務づけるとしています。 また、写真内に座標値を持つ物体 構造物や測量標等 が3点以上写り込むことで、3Dモデル内へ座標を付与することができます。 河道モニタリング• i-sensor」 NETIS登録番号 QS-130035-A• 分布型洪水予測機能• システム構成例. (バージョンアップやパッチ宛て作 ている場合のみ。

>