Z900rs バック ステップ。 Z900RS CAFEにバックステップを取り付けしました|カワサキ プラザ越谷

Z900RSのステップポジションを自在に【ギルズツーリングのバックステップ】

帰ってよく見てみると、切削のギザギザの部分があるのはもちろんですが、 ステップ先端が盛り上がっていて、荷重をかけた際にブーツに食い込むようになっています。 二本必要な場合は二つ購入下さい。 カラーは、メタリックシルバーとスーパーブラックの2色を ご用意しました。 ステップ位置が変えられる「マルチポジション」、シフト周り等の可動部へのベアリングの採用なども例外ではありません。 Z900RSのシート高は、800mm 最近のバイクですと、低くもなく高くもなくってとこでしょうか。

>

K

強度も充分に考慮した肉抜き加工を施し、軽量化も図っています。 ステップポジション ポジション1:12. 表面はアルマイト処理を施し、下記の3色をご用意しております。 デビューから早くも1年たちました。 片足では勿論べったりで膝が曲がります。 こちらがローシート 続いてハイシート どうですか?私はハイシートが好みです。 MotoGPをはじめとする様々なレースにパーツを供給し、高い技術力と実績を積み上げてきたブランドです。

>

Z900RS トリックスター | マフラー、ステップ等各種部品・用品の製造、販売及び車両販売

4パターンのポジション変更が可能で、お好みのライディングポジションを お選びいただけます。 ちなみに海外では日本仕様は、ローシートでハイシートが標準で付いているシートのようです。 その分、フレームから直接ボルトオンする構造と、超々ジュラルミンという高強度な素材か、不思議とサスペンションの動きがダイレクトに伝わってきます。 べたべたですね。 5mmアップ ポジション3:25mmバック/15mmアップ ポジション4:25mmバック/27. これによってステップで踏ん張りが効くため ニーグリップがしやすくなり、車体との 一体感が増します。

>

Z900RS CAFEにバックステップを取り付けしました|カワサキ プラザ越谷

デメリット 値段が高い 削り出しという特性上、製作過程で金属塊から切削をしていくので 手間がかかます。 そして塊から出る余分な削りカスも多く、 無駄になってしまう部分が多い点で金額が高いなどのデメリットがあります。 5mmアップ ポジション5:25mmバック/40mmアップ 素材:アルミニウム合金 シフトペダル5段階調整 ABS、ブレーキスイッチ対応 製品保証1年. ZX-6Rぐらいの足つきかな? ハイシートは35mm増えるので、実質835mmのシート高ということですね! 結構高めです。 続いてニンジャ250/400やZX-10R用などが計画されており、モンキーやグロムなどの小排気量用も含め、来春までには多機種への展開を予定しているという。 固定ステップにする場合は、別売りの固定ステップが必要です。

>

バックステップの効果とは?メリットとデメリット » Webike Buyer’s Collection

製品情報 <特長> ヒールプレートは、強いホールドにも耐える強度と、ライディングブーツが引っかかりにくい操作性を考慮した形状に設定。 ちなみに純正ステップは、ステップ形状の型に高温の金属を流し込んで作成する「鋳造(ちゅうぞう)」という方法で作られています。 一般ユーザーはもちろん、レースの世界でもその高品質な仕上がりと性能が評価され、様々なレースチームから支持を受けています。 <素材・品質> 航空宇宙機器にも使用されるグレードのアルミニウム合金をメインの材質として使用。 ステップ位置を変えて調整するタイプ ステッププレートで調整するタイプ バックステップにする理由の大半がこの機能ではないでしょうか? 「スポーツ走行をするのに純正のポジションが微妙」「もっとバンク角を増やしたい」など…… いわゆる万人向けの純正ポジションから、自分好みにポジションを変えられることができます。

>

俺が勝手に勧めたい!Z900RSおすすめカスタムパーツ特集 » Webike Buyer’s Collection

特別な切削加工を施したペダルバーや、確実な操作を得るためのペダル先端のラバーは、ライダーとマシンとの一体感を一層高める設計となっており、特徴的なアルマイトカラー「スレートグレー」は、様々なヨシムラパーツに採用され、マシンやマフラーを際立たせながら独自の存在感を放つ。 ) カラーバリエーションもメーカーごとに豊富です。 ここのボルトを緩めるだけでポジションの変更が可能です。 ステップについても、 「可倒式」「固定式」がそれぞれ選択可能となっています。 Eマーク取得済(50R なので車検にも対応しております。 ご注文時の備考欄にご希望のカラーをご記入下さい。

>

Z900RS ('18

簡単に言うと「金属の塊から削り込んで、ステップのパーツを作成していく方法」です。 カカトが浮いているのが分かりますか? 跨った感じはどうか? 実際跨ってみると、 純正シートで感じる薄さ、硬さは全くなく、クッション性を感じます。 それにしても. 足は正直短足の部類に入るかと思います。 後ろから見るとこんな感じです。 ヨシムラのステップである事を印象付けるヒールプレートは、ライダーから高い評価を得たGSX-R1000ヨシムラレーサーに採用されたステップの技術とデザインを反映している。 ウインカーだけでなく、ICウインカーリレー、ウインカーマウントベース、変換ハーネスが付属しており、完全ボルトオンとなっており、容易に交換が可能です。

>