名曲 の 祭典。 FNS 名曲の祭典秘蔵映像で振り返る55年

『春の祭典』 (ストラヴィンスキー) 名盤聴き比べ!名演奏・優秀録音ベスト10ランキング

TK:石原由季• 三大バレエに共通しているのは、非常に革新的、斬新な書法で書かれているにもかかわらず、聴いていて少しも難しい気がしないことです。 そして現在では「20世紀の近代音楽の傑作」と評価されるまでに至りました。 演奏は、洗練さとパワフルが奇跡的に融合したとでも表現したら良いでしょうか。 迫力は充分に有りますが、非常に健康的でスタイリッシュ、オケの響きは明るく、土俗感や神秘感を余り感じさせません。 購入するのはもっぱらディスカウントや中古店のバーゲンです。 数か月前に突然現代音楽の魅力に目覚め、それから主に近代~現代の音楽を主に勉強しています。

>

FNS名曲の祭典 ~秘蔵映像で振り返る55年~

スコアは1947年版。 (^0^) 残念なことにディヴィス盤はありませんでしたが、それでも嬉しい奇跡! HPに手配して、家近くの公民館に配送してもらいました。 メータの演奏は、さらさらということもありませんが、ドロドロでは無いのは確かです。 評論家筋には評価の高い演奏なのですが、自分としては、この曲にしては楽天的過ぎるので、もっと原始的な荒々しさや神秘感が欲しいと思えてしまいます。 Respects:• NPOの方です。 1年後に同じ場所で再演された際には、大成功を収め、海外でも評価が高まり演奏機会が増えていきます。 ハイブリッドSACD盤なので、通常のCDレイヤーに加えて、ステレオのSACDレイヤーと5. 一風変わった演奏をお求めの方は、ぜひどうぞ。

>

名曲の祭典(中島健人×平野紫耀MC)の見逃し無料フル動画を見る方法は?|akiko's blog

総合的にもトップグループに堂々と割って入る新しい名盤だと言えます。 また、ロンドン交響楽団のオーケストラとしての総合力も卓越していました。 これはデイヴィスの指揮と楽団の優秀さのせいでしょう。 だいぶ年齢をお召しになった時の演奏ですが、北欧のオーケストラを使っての演奏で、音楽がものすごく冴えざえとしています。 。

>

名曲の祭典【Premium Music 特別編】ジャニーズ名歌詞メドレーも

その時はどちらかいうとスマートな印象(席が遠かったせいかも)だったのですが、その頃に録音されたCDでは随分と荒々しさを加えて素晴らしい出来栄えです。 この前にもロンドン響との録音を残していますが、僕は新盤のほうで聴いています。 複雑なリズム、ポリフォニー、不協和音に満ちた作品。 コリン・デイヴィスも、いいですね。 図書館のHPを検索してみたら……な、なんと……ありました!! ゲルギエフ盤が……。 『春の祭典』 ストラヴィンスキーのリズムへの挑戦は、この曲で頂点を極めます。

>

FNS 名曲の祭典秘蔵映像で振り返る55年

ストラヴィンスキーの最高傑作、そして20世紀の屈指の名曲、それが「春の祭典」です。 前回ご紹介のディスクについては、おおよそ同じ内容ですが、採点は改めて付け直しました。 ロス・フィルの音はキレが有りますが、フォルテでも音の柔らかさを失わず、騒々しく刺激的にならないのは素晴らしいです。 というか逆に優秀なアナログ録音だからこそコンセルトへボウの分厚い音の響きを充分に捉えられたのかもしれません。 序盤から猛烈なパワーと正確無比な演奏がこれでもかと畳みかけてきます。

>

名曲の祭典【Premium Music 特別編】ジャニーズ名歌詞メドレーも

『弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽』. お金がないこともあり、先程のエーリンク盤を買うまで、これで満足していました。 ひと頃の「現代音楽」は、単に聴衆を驚かせるだけのようないわば冗談のようなものが多かったように思います。 CAM:馬場義土• TVer 最短1週間限定の無料動画配信ならTVerが人気のサービスです。 放送日 [ ] ()19:00 - 23:10(4時間10分)() 『』枠で放送。 ハッタリや演出が無いので一聴すると面白みに欠けるようですが、実は非常に風格の有る演奏です。

>

フジテレビ開局55周年記念 音楽特別番組 FNS名曲の祭典 秘蔵映像で振り返る55年

なので、ハルくん様が挙げられた演奏の中で、所有しているのはドラティ盤のみです。 2MHz化したBD-ROM盤がリリースされています(こちらは未視聴)。 FNS名曲の祭典 秘蔵映像で振り返る55年 -NO MUSIC, NO TV. 再生中に、フロントスピーカーのネットを外してウーファーの動きを見ていると、バスドラが鳴るシーンでは、スピーカーユニットが破壊されてしまうのではと心配するほど振動しているのがわかります。 バーバリズムを排除するのではなく、スタイリッシュな演奏と力強いリズムを融合させることに見事に成功した演奏と言えるのではないでしょうか。 歌広場淳• CDや中古LPが割と安く入手できるので、いろいろ聴けますね。 記事に関するコメントを付けていませんでした。 OG、AKB48、ゴールデンボンバーといったFNS祭典ならではの顔ぶれが出演している。

>

FNS名曲の祭典 ~秘蔵映像で振り返る55年~

LD:植松晃一• それが真の名曲たる所以です。 第2部「いけにえ」では、若者たちによっていけにえになる乙女が選ばれ、長老たちが円座になって見守る中で踊り狂い、ついには息絶えたその乙女を長老たちが神様に捧げます。 DECCAの最新盤だけありライブでも録音は極めて優秀です。 考えて見れば当たり前のことなのですが、いくつも並べられたジャケットの写真など見ると、改めて実感しますね。 一番最初に聴いた演奏が、その後のレファレンスになってしまうのは良くあることですが、このCDはまさにその典型例です。 ただし、「春の祭典」に関しては聴いていると妄想の世界に飲み込まれてしまいそうになるので、自分から進んで聴くことはまずありません。

>