コロナ 細菌 兵器。 新型コロナ「アメリカ起源説」「中国生物兵器説」は両方デマ。発信源は2つの有名陰謀論サイトだった

【新型肺炎】生物兵器だった場合「常識を超えて進化する可能性」! コロナウイルス=兵器疑惑「4つの根拠」

ただしその主張は、グローバル・リサーチが主張するアメリカ起源説とは真逆の、「中国生物兵器説」だ。 トランプ氏は明言こそ避けたが、新型コロナが発生した昨年末に市場で「コウモリは売られていなかった」と述べ、本格的調査に乗り出した。 ウイルスからは人工的な操作が確認できたそうです。 その点、インフルエンザ・ウイルスとは異なる「特殊性」が見られます。 2003年にやはり中国で広がったSARS(重症急性呼吸器症候群)と対比されることが多く、当時800人近くが死亡したのと比較して、感染力が弱いとの楽観的な見方も少なくありません。 為替や金利が動く裏で何が起こっているかを分析している。 滞在に同行し、改めてインタビューすると、杜氏は、諸状況からみて 「武漢の病毒研究所で研究、培養していた新型ウイルスが何らかの不手際から外部に漏れたというのが一番適当な説明だろう」と推測。

>

【コロナ兵器】「日本はすでに手遅れ」生物兵器の世界的権威が緊急来日して断じる 「武漢で実験中のウイルスが不手際で漏出」

画像は「getty images」より 新型コロナウィルスは本当に生物兵器だったのか? 当初は単なる陰謀論の1つだと目されていたが、米中の政治家が互いにその責任を追及する状況を鑑みるに、噂以上の何かがここにはありそうだ。 サイト名は「グローバル・リサーチ」、運営しているのは「センター・フォー・リサーチ・オン・グローバリゼーション(CRG)」。 新聞のマスコミ情報とかSNS情報のような二次情報ばかり。 その後、今年1月下旬以降、急速に感染が拡大し、28日には感染者が4500人、死者も100人を超えました。 死者は800人近くに上り、江沢民政権は終わりを見ました。 アルカイダもIS(イスラム国)もアメリカが作った。 この事実を隠蔽するために、コウモリからの感染経路が中国政府から発表されました。

>

新型コロナ「アメリカ起源説」「中国生物兵器説」は両方デマ。発信源は2つの有名陰謀論サイトだった

「武漢ウィルスを日常生活の中でどう防ぐか?」の「著者なりの、対応策」も載せられている。 遺伝子改変に使われる酵素などの痕跡も見当たらなかった。 この「アビガン」は、ウイルスが細胞に寄生しないように防ぐ能力をもっています。 では、なぜ生物兵器説という陰謀論が出るのか、それぞれ説明していこう。 。 本書『新型コロナウイルスは細菌兵器である!』も、 東日本大震災のときと同じ発想の流れで推測して書かれているようです。 Screenshot of ZeroHedge 新型コロナウイルス関連のデマ情報についてはほかにも、フェイク情報工作ウォッチャーの間でよく知られるいくつかの陰謀論系サイトが暗躍している。

>

ecashwindow.com:カスタマーレビュー: 新型コロナウィルスは細菌兵器である!

世界から長い間、信頼されてきた学術雑誌の<科学的学術論文>を 自分の目で読んで確認してみたいと思います。 2、「ヒト・ヒト感染」 ただ、生物兵器である可能性は、別の側面からも合致する。 中国共産党の理論誌「求是」は、習近平国家主席が1月7日の政治局常務委員会(最高指導部)の会議で「新型肺炎への対応を要求していた」と伝えた。 そんな怖い状況が、意図的に、ビジネス目的で、お金めあてに悪意を持って作り出されたものなの? この本を読んだだけでは、にわかには信じられないような内容でした。 その後も元気! 〇元気なまま隔離。

>

ecashwindow.com:カスタマーレビュー: 新型コロナウィルスは細菌兵器である!

1991年 ソ連が崩壊する。 こんにちは! いろいろ集まった情報を総合してみると、武漢にはウイルス研究所があります。 なぜなら、習氏が初めて感染防止に関する重要指示を公表したのは1月20日だったからだ。 世の中、裏も表もあることばかりですもの。 結局のところ、ロシアのフェイク情報工作では常連といえる2つの陰謀論サイトが「新型コロナウイルスは中国の研究所でSARSとエイズのウイルスを合成したもの、つまり中国の生物兵器だ」というストーリーを生み出し、それが世界に数多ある陰謀論サイトを経由して拡散されたわけだ。 人工的なコロナウィルスを研究所や化学工場によって、中国武漢からばらまき、世界中を苦しめている。

>

ecashwindow.com:カスタマーレビュー: 新型コロナウィルスは細菌兵器である!

今回は、そうしたいわくつきのウェブメディアに中国政府が「乗っかった」形だ。 ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含めをどうぞ。 風向きが変わったのは、最近になってドナルド・トランプ米大統領がウイルスの起源について徹底調査を命じたこと。 こうした肩書きから、陰謀論を語る他の反米・反グローバリゼーション活動家よりは「格上」と見なされている。 <新型コロナウイルス禍が続く中で、こういう気持ちで生きて行こう> くらいのゆるい見出しだったら良かったのに。 なぜ言い切れたのでしょうか? こんなに断定的に強く言い切れるだけの決定的な科学的証拠でも出てきたのでしょうか? そう思いながら、期待して読みました。 当初、新型ウイルスは武漢・漢口の市場で売られていた動物が発生源とされたが、ヘビ毒研究が本来専門の杜氏は、旧ソビエト連邦崩壊時、 多くのロシア人らから「(ソ連の)生物研究所のヘビ毒を(横流しして売るので)買ってほしい」と依頼の手紙、電話があったといい、そうした自身の体験に照らし、 「規律の状況などによっては、現場の人間が使用済みの実験動物を焼却せず、換金目的で市場に横流しするなどの行為はあり得る」とみている。

>