ディープ ボンド。 ディープボンド(DEEP BOND)|ホットペッパービューティー

【神戸新聞杯】ディープボンド、好仕上がり 和田竜満足げ「順調。充実している」/競馬・レース/デイリースポーツ online

net でもそろそろG2くらい勝っておかないと宝塚記念や有馬記念に出走できなくなるよね。 前哨戦の京都新聞杯を快勝したディープボンド(左)。 今年もこの路線が大波乱を呼ぶか。 4角も3番手の外で直線に向くが、坂の上りで、持ったままのコントレイルにあっさりと交わされると、残り100では内からロバートソンキー、ゴール前では外からヴェルトライゼンテに交わされて4着。 0 0和田竜二 56 (マンオブスピリット) 482 0000. 以前と比べて、例年勝ち星の多い牧場さんがさらに伸ばす傾向にあるなど、勝ち星の集中化が加速しているのが現代の生産界です。

>

【神戸新聞杯】ディープボンド、好仕上がり 和田竜満足げ「順調。充実している」/競馬・レース/デイリースポーツ online

キングヘイローの主な産駒は2006年の「オークス」「秋華賞」を勝ったカワカミプリンセス。 仕上がりの良さを伝えた。 さらに中2週でダービーに挑み5着と奮闘した。 頭を上下に揺らしながら和田騎手が懸命に追う。 5~9番(2-0-0-2)• 芝2200m(1-0-0-1)• ある意味、名勝負の立役者。

>

ディープボンド

基本的に道悪は割り引いた方がよさそう。 馬なりで5F67秒2-38秒9-12秒3をマーク。 ディープボンドの季節別着度数• ディープボンドのコース適正 ディープボンドの競馬場ごとの着度数は次の通り;• そこにこだわったわけではないのですが、その息子で私の伯父にあたる現在の代表取締役会長がモガミヒメの馬主さんと知り合いだったので、それが縁でモガミヒメを買い取らせていただきました。 それを補完する意味でも、馬格に恵まれたキズナは適した種牡馬でした。 同期福永騎手が2年前に制した祭典へ「相手は強いですから、もう1段上に上がってくれたらいいなと思います」と期待を膨らませた。

>

ディープボンドの競走馬データ 全戦績・成績・血統・評価を掲載中

ノースヒルズの前田社長に落札していただきました。 京都 2歳未勝利 芝2000m(良) 10 8 9 003. 画像外部リンク 4年目の種付けには、優秀なスピードを持つモガミヒメの牝系にスタミナを補充できる種牡馬を配合したいと考えており 、さらに小柄なゼフィランサスに対してそれを補う馬格に恵まれた種牡馬が必要であったことから 、が選ばれ種付けされた。 タフといえばそうなのでしょうけれども、上積みを期待するのは無理があるでしょう。 生年 馬名 性別 種牡馬 2016 タイセイアヴァンセ 牝 ハービンジャー 2015 ダンケシェーン セ ヘニーヒューズ ディープボンドを除く距離実績と戦績は以下の通り。 コントレイルが単勝オッズ1. 切れる脚がなくジワジワと伸びるなかで一度は他馬に抜かされそうになりますが、そこから負けん気の強さを発揮してさらにしぶとく伸びていきます。 前走( )を無敗で勝利したが単勝オッズ1. しかし、ディープボンドの良さをいかすにはある程度条件が揃わないと厳しそうです。

>

ディープボンド(DEEP BOND)|ホットペッパービューティー

1差の2着なら上々。 関西馬にとっては、前哨戦を長距離輸送がない京都競馬場で戦えることは大きなメリットだ。 動きがいいし、気も入っていて順調に仕上がった。 もう一つの重要前哨戦、青葉賞は東京競馬場なので、関西馬は2度の長距離輸送が不安。 競馬の世界では「ダービー馬はダービー馬から」の格言があり、それを示すことができるか注目だ。 キズナはまさにその条件を満たす種牡馬でした。

>

ディープボンドが丸わかり!競走馬データベース

(取材構成・斉藤弘樹) --ディープボンドは前走の京都新聞杯で重賞初制覇。 7・クビ差) 騎手:和田竜二(56キロ) 今度は中2週での参戦。 外部リンク [ ]• スタートからアドマイヤビルゴをマークしながら、中団5 - 6番手を追走。 馬券や車券を売る以上、走る前から勝負を捨てる行為というのはギャンブルとしてはいいのかね。 皐月賞10着から見事に巻き返した大久保師は「距離が延びて良さそうな馬。 長く脚を使うので、自分で競馬をつくるイメージで」と好発進を描く。

>

【日本ダービー】ディープボンド和田「上を狙っていける」

12~2月(冬):(0-1-0-0)• この馬もタフな体質に育てたつもりです。 休み明けの2400mで0. net その為に賞金積むんやで 目標は凱旋門賞(出走)。 「ありがとうございます。 気迫の手綱さばきに、ディープボンドが応えた。 重賞を勝ってくれたことには嬉しさもありましたが、やはり驚きました。 自分の祖父が生前に、モガミヒメが属するケンタッキーの牝系の繁殖牝馬を導入したがっていたと聞いたことがありますが、売ってもらえなかったそうです。 芝2000m(1-0-1-2)• それは長距離適性があるということなのかどうかは定かではありません。

>

ディープボンド「あ~疲れた」

残り1000mで動いて行った1番人気のアドマイヤビルゴについて行く形でこちらも進出。 4戦目(0-0-0-1)• 東京(0-0-0-1)• 本馬は、2018年のセレクションセールにて馬主様にご購買いただきました。 今年はまだ4勝(5月10日現在)しかできていませんが、それでもモズベッロとディープボンドがG2勝ちをしてくれています。 4年目の99年からテイエムオペラオーとのコンビで活躍し、99年皐月賞、2000、01年天皇賞・春などGI7勝を挙げた。 ディープボンドの産まれたときや育成時の印象はいかがでしたか? 「少し小柄なゼフィランサスの産駒としては、ディープボンドは誕生当初から十分なサイズだったので安堵したのを憶えています。 しかし、キズナにしろ、ロジャーバローズにしろ、京都新聞杯の前のレースは皐月賞ではありませんでした。

>