本能寺 の 変 サミット。 本能寺の変サミット2020。

明智光秀の子孫が明らかにした【本能寺の変】の衝撃の真相!!

明智憲三郎氏が知りたかった真相とは、 「失敗すれば一族が滅亡する謀反という重大決心をした本当の動機は何か?」 「なぜ、信長とその子の信忠を簡単に討ててしまったのか?」 この2つだったそうです。 秀吉は本能寺の変に何らかの形でかかわっ ていたのだろうか?なぜ秀吉は信長が殺されたの知りすぐ手を打つことができたのか? 秀吉は光秀の状況を普段見ていていずれ何かするのではないかと常に危機管理をしていた のではないか。 さて、これまでのをめぐる議論のなかで、共通認識としてはっきりしてきたことがある。 本能寺の変の動機に関して光秀本人が直筆で書いている書状がある。 江戸時代にまとめられた明智軍記では丹波・近江を召し上げ出雲・石見への国替えを命じ られたと言う。

>

NHKBSプレミアム「本能寺の変サミット2020」の取材・撮影協力をしました(1/1(水)19:00~放送予定)

従来のイメージを覆す信長像 実は今回の番組をみて、 わたしの信長像がガラガラと崩れました 笑 革新的な人物と言われていた信長ですが、 実は中世的な保守的な人物であったそうです。 一方、近年新たな史料の発見により従来の織田信長や明智光秀のイメージが大きく変わりつつある。 岡山県で所蔵されていた 石谷家文書 いしがいけもんじょ 斎藤利三と長宗我部元親らの手紙のやり取りが収めれている。 光秀が謀反を正当化するため後付けで幕府再興を打ち出しただけという説もあり、どうもはっきりしない。 現在放送されているNHK大河ドラマ『麒麟がくる』では光秀の生涯が描かれている。 しかし本能寺の変の後、家康は伊賀越えという危険なルートを取って三河国に帰っていて、その途中で兵も失っている。 なぜ秀吉は、こんなにも早く行動できたのか? 秀吉陰謀説まとめ 秀吉の陰謀である可能性は低いが 秀吉は光秀の見本を察知して周到に準備していた可能性は高い 本能寺の変とは 天正10年6月2日(1582年6月21日)早朝、京都本能寺に滞在していた 織田信長を家臣・明智光秀が謀反を起こして襲撃した事件のこと。

>

新史料の発見で見直される「本能寺の変」

キリスト教を保護したイメージが強い信長ですが、そのことが記録されているのは、 西洋の宣教師側の記録だけだそうです。 惟任退治記はその典型といえる。 しかし、光秀の懸命な努力から討伐出陣12日前の5月21日、元親より光秀重臣・斎藤利三に以下のような書が送られていたことが一次資料「石谷家文書」によって判明します。 東京大学史料編纂所教授・本郷和人氏を解説に迎え、天理大学准教授・天野忠幸氏、福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館学芸員・石川美咲氏、熊本大学文学部教授・稲葉継陽氏、東洋大学講師・柴裕之氏、滋賀県立安土城考古博物館学芸員・高木叙子氏、大山崎町歴史資料館館長・福島克彦氏、三重大学教授・藤田達生氏ら研究者が一堂に会し、さまざまな説を検証した。 関連の話はメモするのを忘れていてはっきり覚えていないのだが、朝廷同様を黒幕として考える研究者はほぼいないようだ。 ではどうして秀吉がすぐ引き返してこれたかというと、高木叙子氏は光秀の謀反は秀吉の想定内だったからと主張していた。 番組中では石川美咲氏が光秀が朝倉家から医学の秘伝を伝えられていたことを指摘し、光秀は朝倉家を介してなど旧勢力との結びつきが強かったと主張している。

>

NHKBSプレミアム「本能寺の変サミット2020」の取材・撮影協力をしました(1/1(水)19:00~放送予定)

土地は天からの預かりものであり、大名はそれを一時的に保持しているだけという考え方のようだが、これは家臣の「鉢植え大名化」につながり光秀らのと対立することになる。 本能寺の変の後、光秀は安土城に朝廷の勅使を迎え、政権樹立を朝廷は認めようとしていました。 四国説は四国の勢力争いにとどまらず、秀吉とのナンバー2争いも絡んでいて、ありそうだなという感じです。 しかも、宣教師オルガンティーノは本能寺の変の後 明智軍を恐れて避難したとなっている。 秀吉も信長の長期構想を知っていて、危機意識を抱き、実は光秀の謀反を待っていたのです。 この後、どうなっていくのか気になる所です。 京都と、当時義昭が拠点としていた備後・鞆の浦(とものうら、現・. ・暴走阻止説 信長の力で京周辺は「静謐」となったものの、その後も戦争を継続しあたかも「戦争の自動機械」のようになってしまった信長の暴走を止めるため光秀が謀反したとする説。

>

「本能寺の変サミット2020」を見ての感想 真相は一体どの説?

とういうことで、 この説は信憑性は低いとのこと。 上意(将軍の意思)への奔走を命じられたことをお示しいただき、ありがたく存じます。 特に信長のカリス マ的な性格が災いしたのではないかと思います。 「 大河を見ていても、これは本当だろうかというシーンも多くありますし、本当の所はわからないのでしょう。 結論的に言いますと、2014年に発見された画期的な一次資料「石谷家文書」をもとに推論された「四国説」がやはり最有力だったかなと。 信長と敵対する毛利氏などと手を組むことで 打倒信長を画策していた。 追い打ちをかけるように四国攻めの命を下した信長。

>

信長研究者は本能寺の変の原因を何だと考えているのか?『本能寺の変サミット2020』内容まとめ

後世の資料でさまざま語られているが 中でも有名なのが「川角太閤記」での 「徳川家康の饗応役解任」をめぐる確執 本能寺の変2週間前 天正10年5月 安土城にて 同盟相手の信長をねぎらうため安土城に招き 盛大にもてなすことになった。 ニュースでも違法サイトへの罰則があったことが取り上げられているため、軽い気持ちで見ようとは思いません。 織田政権の派閥抗争が背景に見えてくると言う。 鞆幕府推戴説(ともばくふすいたいせつ) なんだこの難しい漢字は、というのが、第一印象 笑 京を追われた15代将軍足利義昭は、今の広島の鞆の浦というところにいたようです。 2017年に見つかった史料で、〔史料1〕と提示しています。

>

明智光秀の子孫が明らかにした【本能寺の変】の衝撃の真相!!

秀吉の中国大返しはなぜ成功したのか? 信長と毛利はもともとそれほど関係が悪かったわけではなく、事前に和睦の申し合わせができていたのです。 そのため光秀と共謀して信長を討ったというのが、「イエズス会共謀説」。 しかし、それを打ち砕いたのが秀吉の中国大返し。 最近の投稿• こうした信長の「革新性」については近年は疑問視する意見も多く、番組中でも金子拓氏が信長の考えは「天下静謐」であり、の秩序の安定をめざしていたことが指摘されていた。 光秀が本能寺の変を起こしたことにより近代国家の礎がその後、秀吉・ 家康により築かれていったことで歴史的に重要な転換点とも言えると思います。 きっかけは、村井さんが中学生の頃、このルート沿いの山へ炭焼きに行った際、父が「この道は昔、信楽の人が甲南、甲賀へ行く際に通った山道や」と言ったのを思い出したことだ。

>