西田 寛昭。 コロナ禍の“スカウト狩り”…背景に何が? 裏社会ライターが明かす“夜の街”のいま

峯岸みなみ愕然…セクシー女優のスカウトは“劇場型” リアルすぎる裏話に絶句(ABEMA TIMES)

双子の代表「木山兄弟」のその後 スカウト会社ナチュラルの「木山兄弟」(本名は桑村俊和と西田寛昭でともに35歳)として知られる双子の代表は、2020年の10月28日、その弟や幸平一家の傘下組員とともに逮捕されています。 そんなコロナ禍における夜の街のスカウトについて、「SNSを利用した遠隔スカウトが流行っている」と指摘するのは週刊SPA! 騒動に巻き込まれたスカウトの男性は「ナチュラルに関係ないスカウトまで全部目の敵にされてボコられた。 — 住吉会幸平一家加藤連合会組員を半殺しにしたけど、何一つ問題無くシノギできるのでDM下さい。 警視庁担当記者の解説。 銀座は(条例や規制が)緩い」と続けた。

>

【速報】スカウト狩り逮捕者「全員の名前」を入手!乱闘、殴る蹴るの暴行「リアル新宿スワン」歌舞伎町の闇名簿

稲川会仲裁の噂 この歌舞伎町スカウト狩りでは、双子の代表・木山兄弟に泣きつかれて稲川会が仲裁に入ったという噂もあります。 「スカウト狩り」という名称からヤクザが一方的にスカウトを狩っているイメージを持たれていたが、実際にはその逆で、スカウト側がヤクザをボコボコにしていた。 今回の騒動について「以前から話題になっていた」と話すのは週刊SPA! 警察はこの事態を重く見て、付近の防犯カメラの解析し、まずは7人を逮捕した。 桑村俊和(35) スカウト会社社員• だがナチュラル側が激しく抵抗したため、問題は解決するどころかさらにコジれ、完全にヤクザのメンツをツブしてしまった。 オレらナチュラルが都内で活動できて、店舗から集金出来てるのが何よりの証拠。 多くの目撃者がSNSに「スカウト狩り」などと書き込んだことで、騒ぎになった。 警視庁組織犯罪対策四課は10月28日、暴力行為等処罰法違反などの疑いで、指定暴力団住吉会の四次団体「賢総業」の吉川八代隆容疑者(49)ら2人、住吉会四次団体「聡仁組」の森岡英治容疑者(31)ら2人、スカウトグループ「ナチュラル」を率いる西田寛昭容疑者(35)ら三兄弟を逮捕した。

>

歌舞伎町スカウト狩りのその後と現在|住吉会幸平一家の喧嘩の行方

kabukinodebuken こちらのツイートでは中越や松嶋の名を出して堺組(関東連合一派)を挑発しています。 ヤクザ連合で「関東連合(見立派)」というものがありますが、これはおそらく関東連合の残党が結集した 幸平一家の「堺組」とその関係者を指しています。 歌舞伎町で4人のスカウトに声をかけられたという2人組の女性は「キャッチもキャッチで仕事。 「引き抜いたスカウトは譲らない」と手打ちを拒否したのだ。 ナンバー3:佐藤ルイ(削除か)• 田辺氏は歌舞伎町スカウトマンに取材した話として「東京のスカウトマンが地方の女性をキャッチするなどのSNSによる遠隔スカウトが流行っている」と説明すると、よりスカウトが難しいと言われるセクシー女優のスカウト事情についても「劇場型だ」と話し、次のような赤裸々告白を続けた。 そこでナチュラルの従業員が、同業他社の腕利きのスカウトを引き抜いたのです。

>

増える“生け贄” 殴る蹴るの暴行で血祭りに…新宿歌舞伎町“スカウト狩り” 異常事態はなぜ起きた?(文春オンライン)

小長谷容疑者は2人の実弟にあたる。 「ナチュラル」スカウトはその後もTwitterで挑発 もしこの「住吉会幸平一家敗北」の噂に何かしらの信ぴょう性があるとするなら、「ナチュラル」(現在はゴールド、ホワイトなどと社名変更)スカウトでTwitterを用いてヤクザを挑発していたアカウントが、現在でも垢消ししていないということです。 スカウト狩りの始まり また最初の発端となったスカウトの引き抜きは、同じく幸平一家・加藤連合会を上部組織とする聡仁組(そうじんぐみ)という組織系列の会社からだということです。 小長谷研人(30) スカウト会社社員 賢総業、聡仁組からともに2名ずつ逮捕者が出ており、また逮捕された「スカウト会社社員」とされる3名ですが、 西田・桑村の両容疑者がいわゆる「木山兄弟」として知られていた双子の代表であり、さらに小長谷容疑者がその2人の弟だといいます。 まずナチュラルの幹部と噂された者のうち、SNSの稼働・不稼働は、• 当然、売れっ子のキャバ嬢や風俗嬢に人気が集まる。

>

歌舞伎町大乱闘はなぜ起きた?無関係のスカウトまで巻き込んだか

kabukinodebuken 最近歌舞伎町も刺激ねーな。 新宿スワンの時代と違ってスマホやネットが発達してるしすぐ発見されて襲撃されるのすごいよな。 基本的にスカウトが得る収入には紹介契約と売り上げ契約の2種類がある。 当時は一般人の振りをして見つからないようにしていた」と周囲を何度も確認しながら小声で話した。 そして紹介した関係ツイートで明らかなように、スカウト会社ナチュラルは現在「ゴールド」「ホワイト」などと名前を変えて活動を存続している可能性があります。

>

歌舞伎町スカウト狩りのその後と現在|住吉会幸平一家の喧嘩の行方

地方に出たことでよりスカウトの力が必要になった」と話し、人材不足の夜の街において繰り広げられた熾烈なスカウト競争が今回の騒動の発端になったと指摘する。 ナチュラルの双子の代表の顔画像 ツイッターではナチュラルの木山兄弟の顔画像を上げている方がいました。 引用:(次ページ含む) というわけで完全に「スカウト狩りその後」について分かるのは、この代表2人が娑婆に出る時を待ち、その時のヤクザ側の処遇を待つしかないのかもしれません。 もしかしたらそのスカウトマンは木山兄弟か、もしくはナチュラル社員だったのかもしれません。 森岡英治(31) 住吉会幸平一家加藤連合会聡仁組・組員• 緊急事態宣言の時、(風俗嬢やキャバクラ譲は)都内で稼げないのでみんな地方へ出稼ぎに出た。

>

歌舞伎町大乱闘はなぜ起きた?無関係のスカウトまで巻き込んだか

西田寛昭(35) スカウト会社社員• またうちらナチュラルのスカウトでヤクザボコって、今度はyoutubeで流したら、ヤクザの看板がさらに地に落ちて、歌舞伎はウチらの天下かな〜。 新宿スワンの時代と違ってスマホやネットが発達してるしすぐ発見されて襲撃されるのすごいよな。 (「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年11月12日号). スカウト会社ナチュラルは、ゴールド、ホワイトと名前を変えて存続。 何のために組に高い上納金払ってんの?笑 — 住吉会幸平一家加藤連合会組員を半殺しにしたけど、何一つ問題無くシノギできるのでDM下さい。 木山兄弟はヤクザにやられていない。 「女性を『夜の街』に引き込むスカウトは、手配した女性の稼ぎの数%が毎月入るという実入りのいい契約です。

>