ビーズ 刺繍。 K・HOUSE

K・HOUSE

ビーズ幅分位置で針を刺し落とし2つのビーズの間から針を出します。 針は四ノ二などの、短めで細い(0,56mm程度)特小ビーズが通るものを使います。 ふちの始末をします ブローチの ふちは、ビーズを入れたブランケットステッチをします。 また、元のレシピよりビーズをぎゅうぎゅう詰めにしたので、ゴージャス感はたっぷりです。 レシピにハイヒールの図案が載っているので、裏紙に図案を写し取ります。 つ、つかれた。

>

ビーズ刺繍のコツを伝授!おしゃれで簡単なブローチ 準備編

ひたすらこれの繰り返しなので、なんだか無心になってチクチクといつまでもやっていられそうです。 ある程度しっかりしているのでブローチなどの台座に非常に向いています。 自分で考えたデザインやモチーフ 雑誌で見たデザインやモチーフなどなど・・・ ここでは黄色い帽子のモチーフを用意していますが、ハートなどの図形ならオシャレで可愛いし簡単。 5cmのフェルトの中央に図案を写します。 中心右側に針を出して、丸大ビーズ、六角ビーズ、丸大ビーズを各1個ずつ通して左に刺せばできあがりです。 縁取りができたら、あとは中のスペースを埋めていきます。

>

意外に簡単!ビーズ刺繍に挑戦|手芸|趣味時間

糸もビーズ刺繍用の糸がセットされています。 色は布と同色を選ぶとよいでしょう。 スパングルを裏から糸に通してビーズを通したら、スパングルの穴、糸を通した部分の布に針を戻します。 刺繍を施した後に生地を縫い合わせるので裏地を隠すことができます。 はみ出している所は、切りそろえて置いて下さいね。 細いため曲がりやすいので、複数本用意しておきましょう。 糸は1本どりにしてスパンコールを1つ通し、きわに針を刺してとめつけます。

>

ビーズ刺繍のやり方|図案や縫い方のコツもご紹介!

・ビーズ 主に丸ビーズと筒型の竹ビーズが使われますが、パールビーズやウッドビーズもお好みで使い分けましょう。 デメリットは少し高めで、小さな手芸店では入手しにくいようです。 本の中では布にシミが見えにくい「アートフラワー用ボンド」がオススメされていましたが、今回はフェルト同士なのでお堅いことは言わず、いつもの黄色いボンドで貼り合わせました。 2018-05-11 フランスからの直行便 愛すべき刺繍道具「Sajou」フィラガン糸• 【ポイント】フェルトを二枚重ねてカットすると簡単に同じ形が出来上がります。 (裏面から表面へ) 6. 無料レシピ「リボンのブローチ」 作り方はレシピページよりPDFファイルにてダウンロードできます。

>

K・HOUSE

販売価格もピアス4,000円前後と技術が必要な分高めです。 その完成度の高い作品を見ると 難しい技術が必要かと思われがちですが 隙間を埋めていくように ひと針ひと針を丁寧に刺しすすめていくだけで 個性ある作品が生まれます。 5から針を出し、六角ビーズを3つ通し、6に入れます。 片留めより安定します。 そのまま同じ糸で丸カンを縫い付け、玉結びをして一度留めます。 ビーズで塗り絵をするように スパンコールやビーズを自由に刺していく・・・ 一度体験すると、その魅力・楽しさに きっと引き込まれるはず。

>

ビーズ・刺繍キットのおすすめ12選|初心者でもアクセサリーが作れる

裏地をカットし、ブローチピンの位置を決めます。 ぐるぐる縫いとめて ビーズでふちどるきらきらビジューブローチ アンティーク感あふれるオシャレなブローチが作れます。 内側に少し塗り、つまようじで薄く伸ばしました。 内容量:約70m巻• 初心者対象のせいか、他のキットに比べると少し作れる作品のデザインがダサい感じもするので、このキットで学んだあとに別のキットに挑戦するのもおすすめです。 先ほどと同様に、表から出した針は先のステッチの前からすくいます。 こうやっておくと材料も決めやすいです。

>