目立つ 類語。 あちこちの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

【目立つ】の例文や意味・使い方

また、背景が「白」でも「黒」でも同じように目立つ色は「赤」「オレンジ」であり、これ暖色系の色は誘目性が高いということからもわかると思います。 「帰り際」や「いまわの際」という用法です。 主体は、「煙突が突っ立っている」のように、必ずしも人間とは限らない。 「誰が見てもはるかにすごい」、「明確に、ものすごく立派である」というイメージです。 あるいは 「火で少しあぶると、より香りが引き立つ」、「松の緑が、城壁の白さを一層引き立てている」のように、自分はそう思う、比較的には優れている、といった印象を受けます。 継続的なさまをいうことに重点があり、人間に限っていう。 [英]to a 4 「立ち尽くす」は、心をひかれたり、感動したり、呆然 ぼうぜん としたりして、そのままその場に身動きしないでいることにいう。

>

かわいそうの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

抜群な• 1 「立つ」は、四語のうちでは最も用法が広く、座っている状態からの動作を表わすことが多いが、「立っている」の形では、他の三語に近い、継続的な状態の意味を表わすようになる。 체육 수업에서 축구를 잘하는 걔는 눈에 띄었었다. 抜きんでている• さらには「際」は他のもののすぐそばのこと、あるものにごく近いところを指す言葉でもあります。 「気持ちが引き立つ」といった言い方です。 バリケードや遮断機にも使われている組み合わせです。 [英]to 2 「立つ」は、「立入禁止の立て札が立つ」「高い杉の木が立っている」のように、物が地面などに直立する意も表わす。

>

目立つ色…誘目性と視認性

上の図の中では「黄」が最も明度が高く、かつ高彩度色であるため、最も明度の低い色「黒」を背景にしたときは、一番目立つ色になります。 頭角を現す 「際立つ」の動詞としては以上の言葉が挙げられます。 類語や同義語には次のようなものがあります。 逆に背景が黒の時にわかりにくかった「青」や「紺」は背景が白になると黒の時より、はっきり見やすくなるのがわかると思います。 また色の判別のしやすさは明度の差が大きいことも条件の1つとされています。 これらの色は人の目を引く機能である「誘目性」もあるため、看板や商品パッケージ、商品のロゴなどにもよく使われています。

>

従事の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

ずば抜ける• 例えば 「成人式で晴れ着の女性がたくさんいる中でも、うちの娘は引き立って見えた」のような言い方です。 「非常に悪い、ダメな」という場合の表現としては、語句の成り立ちからしてふさわしくないといえるでしょう。 突出する• 동네에서 우연히 네 여친을 봤어. 並外れる• 青は「黒」の背景では、明度差が小さいため目立ちませんが、「白」を背景にすると明度差が大きくなるため、視認性が高くなります。 これに対し「際立つ」は、語源からも分かる通り 「あきらかに他とは素晴らしさが違う」という強い語感があります。 主体は必ず人間である。 日々の生活の中で「際立つ」という言葉を使う機会がありましたら是非、当ページを参考にしてみてくださいね。 「佇む」と違い、常に我を忘れた状態になってという含みがある。

>

あちこちの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

그녀는 친절한 성격이라 인기도 많고 반에서 눈에 띄는 존재였다. 視認性は、ある色をある背景に置いたものが、どれくらいの距離のところで、その色として認識できるかで確認されることが多いようです。 「~が際立つ」とも言いますが、 「際だった成績」などのように形容詞的に使う例も多いようです。 옷 사러 갔는데 아이돌 팬 사인회를 하고있는 걸 우연히 봤다. このため言い換え方としては、冒頭に挙げた類語の中でも、「際立つ」の場合は、優秀さをとりわけ強調する言葉を選ぶとよいでしょう。 光彩を放つ• 「祭」には元来、 「こする」とか 「合わせ目」といった意味があり、「際」はもともとは集落にある土壁の合わせ目を指したとされています。 交通標識などで使われている色の組み合わせです。 2つの言葉を簡単に説明すると、 ・誘目性…サインや標識はここですよ!と人の目を引き付ける機能 ・視認性…サインや標識を探している時のそのサインや標識自体の見えやすさ ということになります。

>

「際立つ」の類語や意味が気になる!「引き立つ」との違いや言い換え方は?

比類ない• たぐいまれな• 一方、 「引き立つ」では、 「映える」、「冴える」、「そそる」など、より主観的な表現がにじむ語句の選択が適切だといえます。 青は寒色系の色なので暖色系の色ほど目立ちませんが、高彩度色であるため目立つ条件は含んでいます。 。 「視認性」とは目で見た時の確認のしやすさのことで、ある背景色に対して色や形が際立っていたり、文字が大きくてわかりやすかったりといった度合で「視認性が高い」「視認性が低い」というように表現します。 このように色は、その色の持つ性質や組み合わせ方により、目立ったり目立たなくなったりします。 右に出る者がいない• しばしば、主体がその場所の雰囲気と一体となって融和しているような情緒的な語感をもつ。 傑出する• 引き立つ• 背景を「青」にして、文字を「白」にすると、人目を引きやすく、見やすい文字に「なります。

>