コネクション プーリング。 JDBCコネクションプーリングが作成されるタイミング

コネクションプーリング

初期値は120秒です。 ここではDriverManagerConnectionFactoryを用いています(なお、このクラスのコンストラクタは引数としてDriverManager getConnection メソッドと同じもの、すなわちデータベース接続用のURLとユーザー名とパスワードを取りますので、DriverManagerクラスを置き換える場合はDriverManagerConnectionFactoryを使用すると楽です)。 データソースの検索にJNDIを使う方法では、データソースの実際のクラスやパラメータなどはJNDIの定義部分に追いやられており、アプリケーション側のコーディングで論理接続のライフサイクルやORA-3113などのOracleエラーハンドリング以外の部分でコネクションプーリングを意識することはありません。 これを回避する方法について調査しているとSQLNET. このためObjectPoolインスタンスの生成時にコンストラクタにPoolableObjectFactoryオブジェクトを渡さなくてもよかったのです。 ほかにも、最大物理接続数を超えた時点でのロギングなど、論理接続の獲得/返却時に実行したい動作を埋め込むために、OracleConnectionCacheCallbackというコールバックインターフェイスも用意されています。 アプリケーションの要件によっては、使用するコネクションプーリング機能をより下位のものに変更するか、外部のコネクションプーリング機能を選択するほうが良い場合があります。 とても便利に見えますが、Fillメソッドのようなデータベースアクセス隠蔽技術を多くのユーザーが利用するアプリケーションで使うのは、以下に挙げる点でとても危険に思えます。

>

APサーバのチューニング項目を知る (4/6):J2EEパフォーマンスチューニング(3)

コネクションプーリングを使用することで,負荷を軽くできます。 xmlというXMLファイルでデータソースを定義しています。 作成したPoolingDataSourceはDataSourceインターフェイスを実装していますので、通常のDataSourceを扱うのと同様にgetConnection メソッドを用いてConnectionを取り出すことができます (5)。 結果をわかりやすくするために、"1"と"-1"の2つで表現しています。 コネクションプーリングでは,次の機能を使用できます。 監視部分を自作する場合には、表2の項目を監視できるように作成してください。

>

DBのコネクションプールを簡単に実現する:現場に活かすJakarta Project(6)

しかし、APサーバーを数十台も使うような大規模なシステムでは、アイドル状態のコネクションが持つリソースは軽視できません。 画像だけでなく音声やデータでもいいですのですが、画像の方が視覚的でわかりやすいので、画像を使って解説します。 プールするコネクションの最大値と最小値を指定する• 図2 設定ツールの制限例 表1に各実装での設定箇所を示したので参考にしてください。 コネクションプールの状態と動作 ユーザアプリケーションプログラム処理 コネクションプールの状態 コネクションプールの動作 コネクションの取得要求 プール内に未使用状態のコネクションがある 未使用状態のコネクションの一つが選択され,ユーザアプリケーションプログラムに渡されます。 xml factory oracle. 計測プログラム 計測は以下のJavaプログラム(Spring Boot)で行いました。 例えば、以下のような場合に発生する。

>

4.4.1 コネクションプーリング

24時間稼動、またはそれに近い長時間稼動を行なうシステム 文キャッシュ 文キャッシュはほとんどのコネクションプーリングが実装していますが、実装していないものもあります。 接続ユーザの認証• 株 インセプトが制作・運営しています。 のコネクションプーリングがどのような仕組みになっているのか、知らない人は結構多いんじゃないかと思います。 書き換え後のstruts-config. DBCP Jakartaプロジェクトによって作成されたJava Commons APIの1つです。 最小値および最大値は,定常状態で発生するデータベースなどのEISへの同時アクセス数,トランザクション数,業務の同時実行数などを参考にして決定してください。

>

門外不出のOracle現場ワザ

コネクションを解放 解放したコネクションに異常がなく,再利用できる このコネクションはプール内で未使用状態に戻ります。 . これによって,障害が発生したコネクションを使用するおそれがなくなるため,システムの可用性が向上します。 監視とともに、きちんとアプリケーション側でケアしましょう。 設定できるプロパティについては、ここで設定しておきます。 xmlのResourceParamsのfactoryに oracle. 今回のように接続が死んでいてキャンセル要求の応答も返ってこない場合は、せず待ち続けてしまう。

>

門外不出のOracle現場ワザ

DB接続を表わすオブジェクトを「コネクション」と言い、Connectionインターフェイスで表現されます。 NETでのコネクションプーリング事情などをある程度掘り下げられたと思います。 一定間隔でコネクションプールの数をチェックします。 Javaではコネクションの獲得を明示的に行なうスタイルが一般的なため、トランザクションの生存期間とコネクション生存期間を一致させることは容易ですし、実例も多く紹介されています。 Javaでは究極のコネクションプーリングが生まれる日も近い気がします。

>