大袈裟 も ウソ も 信用 を 失う から 結果 として 損する よ。 大袈裟もウソも信用を失うから結果として損するよ|幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。|幡野広志|cakes(ケイクス)

【炎上】幡野広志さんがDV相談した女性を嘘つき呼ばわりし大炎上 糸井重里さん擁護ツイート : まとめダネ!

」というスタンスで、今回も同じように個人的な意見として回答しただけという事になるのだろう。 まぁ警察官も弁護士も裁判官もみんなすぐにあなたのことを見抜くとおもうけど」と説教し、回答を拒んだ。 また、エッセイストの糸井重里さんも、これに同調するように『嘘をつかない答えって、嘘に惑わされないことなんだね。 コンテンツや情報発信がこれほど多くの人にとって身近になった時代は無く、今回のような問題は決して他人事ではない。 相談したいと自ら希望した人に個人的な回答しただけ、だから問題ない、という事になるのだろうか。 cakes炎上の件に関しては、第三者である筆者が深く追求するべきではないのでこれ以上触れませんが、「もうnoteは使わない…だけど、noteの代わりに何を使おう」と悩んでいる方は、はてなブログを使ってみてください。 の内容をや「」と指摘することで、者様はもちろん、多くのやの方を傷つけていました。

>

大袈裟もウソも信用を失うから結果として損するよ|幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。|幡野広志|cakes(ケイクス)

DVは圧倒的に男性からが多く、女性からすれば自分も被害者になる可能性のある身近な犯罪です。 もちろんDVというものが存在することは認識していたけど、きっとぼくが想像をするよりも遥かに多くDVは存在するんですね。 眉毛は唾で濡れています、ウソだけど』『これちょっと大袈裟にいってない?』などと言い放ちます。 素人の書いた記事が専門家も納得する内容になった理由は偶然ではなく、自分なりの視点からこの問題を見るとどうなるか?という書き方で「事実関係は正確に調べたうえで、知っている事だけを書いて知らない事には一切触れない」というスタンスに徹したからだ。 たくさんの人に指摘を受けて自分なりにも調べたのですが、配偶者からのDV被害として、みきさんのケースはよくあることだそうです。 その日帰宅した主人から事故の原因をきくと、本当は仕事ではなく友達と明け方まで遊んでいて、その帰りに居眠り運転で後ろからトラックに突っ込んだと聞かされました。

>

note、cakesの炎上まとめ

一方でDV被害を告白した人を嘘つきと断定することは二次被害であると抗議する声や、「 DVや性被害を嘘だというのはやめてください」というハッシュタグ投稿も広がりました。 今週の幡野さん 愛媛に行ってきました。 さらに、非難の目はコピーライターの糸井重里氏にも向かった。 相談者は若い女性となっている。 cakesはコンテンツのクオリティについて問題意識を高く持っているメディアであると認識していたことから、今回の炎上トラブルはあまりに残念と言わざるを得ない。

>

なぜ? 写真家・幡野広志、DV被害者の悩み相談を嘘と切り捨てる 「Yahoo知恵袋のクソ回答みたい」と非難集中

またメッセージ送りますね、ではまた。 この連載は原稿料を通常の10倍貰っても良いほど手間をかけていた。 編集部より いつもcakesをご愛読いただき、ありがとうございます。 そこで医薬品の開発に携わった経験のある薬剤師に確認したところ、薬の安全性を確認する「治験」が始まったばかりなのにさすがにこれはおかしいという話になり、その話を記事として書いてもらった。 なかには自身や家族が被害に遭っていたという人からの声も。 cakesは今回の火種となったコンテンツを既に削除していますが、Web魚拓は残っています。

>

なぜ? 写真家・幡野広志、DV被害者の悩み相談を嘘と切り捨てる 「Yahoo知恵袋のクソ回答みたい」と非難集中

また、たくさんの方が心配をされていましたが、彼女は現在、安全な状況にあります。 「ぼくだろうが警察官だろうが、弁護士だろうが裁判官だろうが、大袈裟にいったらダメだよ。 cakesは再発防止を、他のメディアは同様の事例を引き起こさないために、今回の記事で書いた「書く資格」や「守備範囲」の話を参考にされたい。 つまり今回の相談への回答は、法律や被害者支援の制度に関する知識が必要だった可能性があり、場合によっては被害者に加えて加害者側である夫へのカウンセリングなど、医療に関する知識も必要だったかもしれない、ということになる。 もし今後掲載した方がいいと幡野さんや編集の方達で判断されれば、掲載して頂いても大丈夫です。 深刻なDV被害を受けて藁にもすがる思いで相談をしてみたら、酷い言葉の限りを尽くしてネットの有名人に嘘つき呼ばわりされる。 しかしこうした相談に対して幡野氏は、「正直なところぼくはあなたの話を話半分どころか話8分の1ぐらいで聞いています。

>

DV被害者を「うそつき」呼ばわり 幡野広志コラム炎上でcakes編集部が謝罪・再発防止策を公表 : J

相談者は、夫による深夜まで説教というモラハラ、実家に帰ろうとすると夫の実家に引きずって行かれたというDV行為、未明まで遊び歩いた上での事故などに苦しむ20代の女性。 相談者の方がこの文章を目にしないことをただただ祈るばかり。 義父は主人のメンタルケアについて、提案をしたときには激怒していたので、その面ではあまりアテにならないですが、体裁はとても気にする人なので、とりあえずでも距離を置くことはできるかなと思います。 不勉強や配慮の不足から、事前に今回の記事を確認できる立場にありながら、これらの問題を見逃したまま記事掲載したことは、メディアを運営する立場として恥ずべきことだったと認識して、反省しております。 ここから下のメッセージは、彼女の許可をもらって、その後のやりとりをcakesの編集さんにまとめてもらったものです。 読者から募った相談に幡野氏が答える形式で、連載は20年2月に書籍化もされた。

>

【炎上】幡野広志さんがDV相談した女性を嘘つき呼ばわりし大炎上 糸井重里さん擁護ツイート : まとめダネ!

みきさんとメッセージのやりとりをして、たくさんの人に指摘をしてもらって、すこしだけ勉強もしはじめて、今はみきさんがウソをついているとはおもっていません。 記事はその後削除され、cakes編集部は19日、「相談の内容を『嘘』や『大袈裟』と指摘することで、相談者様はもちろん、多くのドメスティックバイオレンスやモラルハラスメント被害者の方を傷つけてしまいました。 相談者は夫からのDVやモラルハラスメント(モラハラ)に悩む女性だった。 夫婦間ということで被害が見えにくく、被害から抜け出すことの難しさも容易に想像できます。 法的な問題があるかは別にして、コンテンツの内容としては大問題だ。 幡野広志氏は謝罪し、記事は全文削除された このコラムが公開されるやいなや、幡野氏のもともとの知名度の高さも相まってか、「DV被害者と思しき女性にこんな物言いするとはどういうことか」「相談内容を嘘だと断じるだけの理由がどこにあるのか」などと、幡野氏への批判がTwitterを中心に続出。 ブックマークしたユーザー• まぁ警察も弁護士もあなたのことを見抜くと思うけど。

>

note、cakesの炎上まとめ

筆者は専門家向けに執筆指導を行うなどクオリティについては問題意識を持っているつもりだが、残念ながらそうではないメディアも多数ある。 PR担当者:幡野さんと相談者で個別にやり取りをして、ご本人の意思で安全な場所に避難したことを確認しております。 ・編集部のチェック体制、掲載フローの見直し ・公式SNSの運用ガイドライン見直し ・客観的にご意見をいただくためのアドバイザリーの起用 ・編集部および全社でのDVやハラスメント、差別などの問題に関する勉強会の実施 ・専門家へのインタビュー記事の掲載 ・DVやハラスメント、差別など、さまざまな問題を考えるコンテンツの掲載. まずは相談とその回答を改めて確認したい(ウェブ上のキャッシュより確認)。 ただ、最初の相談の中に書かせて貰っていたかと思うんですけど、私の知らないうちに旦那が起こしていた事故があり、それは勤務中に起きた事故だったようで、そこから少し義父も思う所はあったようで、初めて私のことを心配していたみたいです。 「食事や掃除、子育てについて毎日何度もダメ出しをされ、深夜だろうが叩き起こされやり直しました。 しかし、幡野氏は「正直なところぼくはあなたの話を話半分どころか話8分の1ぐらいで聞いています。 糸井重里氏にも批判 コラム配信後、読者からは「何がモヤモヤするって幡野さんも編集者も『相談者が嘘ついてる』と最初から疑ってるくせに数ある相談の中からわざわざ選んで、あえて回答して晒した意地の悪さだよな」「このエントリ(記事)で、同じような状況にいながら踏ん張ってた最後の柱がポキッと折れる人もいるのでは」などと批判が殺到した。

>