対 艦 主砲 主義。 【雑学】護衛艦の武装解説

【艦これ】先制対潜ができる艦娘一覧

しばらくは各国ともこの様式で戦艦を建造したが、にで完成した「」によって主砲4門の枠が外された。 そもそも、戦艦の装甲は我々の想像以上に堅く、当時の急降下艦上爆撃機が搭載した250~500キロ爆弾では致命的な損害を与えることは不可能でした。 軽巡洋艦 別の意味から転用。 第二次世界大戦前または戦中に建造が開始され、大戦中にが4隻就役し、戦後に完成したイギリスの「」とフランスの「」を最後に新たな戦艦は建造されていない。 しかし、その困難を乗り越えスペインはの進出を食い止めるべく、切り札たる新鋭艦種 ガレアス船を発明したのである。

>

FF12: 対艦主砲主義

北朝鮮軍がソウルに接近してくれば迎撃し撃滅する事は可能です。 火矢や巨岩がと襲い掛かり、その合間を縫って接近し、敵ガレーの櫂めがけて攻撃を敢行する。 [ ] 大和型は6万トンを超す大艦であり、45口径46cm砲という巨砲を備えた大艦巨砲主義の申し子だった。 このミサイルは、、、、の各護衛艦やミサイル艇「」級に搭載されている。 大艦巨砲主義の到来 [ ] その結果、艦砲の大口径化が進み、が到来した。 未だフィリピンの日本軍の抵抗は続いており、米陸軍20万人が投入されている時点で、米空母艦隊が大打撃を受け、さらに通商破壊戦を仕掛けられたら・・・米軍は楽勝とはいかなくなるでしょう。 どっちの戦法を使うかですよ。

>

大艦巨砲主義対航空主兵論① 大艦巨砲主義とは?

例によって全くのデタラメ記事ではあるのだが、書かれた現象自体は100%嘘とも言い切れなかったりする。 朝鮮半島に兵器体系はG8各国が持つ不良在庫の塊ですから、戦争が長引けば不良在庫の処分ができるんです。 魚雷を迎撃した実績がある、と言っている魚雷もあります >対潜魚雷は対魚雷にも使えるのですか? 使えないことはないと思いますが気休め程度になってしまうと思います。 他が快適なだけ非常に気になる。 海戦でも「ノースフォーク沖海戦」では30kmレベルでの命中弾があったとされていますし、「サマール沖」でも、いろんな説がありますが、30kmクラスでの命中弾の可能性はあります。

>

大艦巨乳主義 (たいかんきょにゅうしゅぎ)とは【ピクシブ百科事典】

戦艦の主砲というのは大和に限らず、光学照準であろうとレーダー照準であろうと公算射撃です。 さらに、爆発時の音と水泡で、誘爆しなかった魚雷の探知を難しくしてしまいます。 主砲の射程より遥か彼方からミサイルを撃たれるか、または水中に潜む潜水艦が魚雷を撃ってくるかが攻撃の主流であり、敵・味方共に砲の射程内で交戦するということがまず起こりえないためです。 峯雲のもう一つの艦ぱいタグ。 他にも数カ国が同様のシステム、兵器 を開発しており、あと4~5年したらハードとソフトのそれぞれ の方式を組み合せた、防御システムが主流になるのではないで しょうか? あと(余談ですが)軍艦の両舷に直径1mのスピーカーを300個 以上 ずつ取り付け、アクティブフェイズドアレイの原理で衝撃 が、向かってくる魚雷にぶちあてて破壊するんだそうで。

>

FF12: 対艦主砲主義

帰り間際仕事が入ってきたけど、ささーっと終わらして定時終了! 家着いてそっこーでTSUTAYAに取りに行く。 この特殊戦闘艦は全速力で港湾へ突進し、その入り口にある鎖を木っ端みじんに引きちぎり、無理やり接岸して乗組員を放出する。 対空、対艦両用で、射程は16,300m、発射速度は毎分85発です。 水中を進む魚雷は速度が非常に遅いため、それと比較して敵に命中するまでの時間を大幅に短縮出来るのが利点です。 他が快適なだけ非常に気になる。 少なくとも、ペッツ戦隊による猛攻を戦隊の木造艦で防ぎ、ぺルサノに適宜味方援護を頼み、ヴァッカ自身の主力艦隊全力を以てテゲトフ戦隊と対峙しえたはずである。

>

戦艦大和の主砲の破壊力は今の対艦ミサイルと比べてどちらが高いのですか...

なお、戦艦が最後に実戦で使われたのは1991年ので、「」と「」が出撃しによる弾着観測射撃や攻撃を実施し、一定の戦果を挙げている。 出典 [ ]• 超小型核爆弾の製造は標準的な大きさの核爆弾を作るよりも開発費用がかかって無意味ですよ。 つまり、戦艦は喫水線下に穴が空けられないと沈まないのです。 かたや級のはmm~0mmという大きさである。 大勢として大鑑巨砲主義に至っていなく、大鑑巨砲主義者であっても制空権を軽視しているどころか重視しています。 >防空能力は優れているようですが、艦砲や対潜魚雷で魚雷を迎撃できるのですか? 対魚雷砲や対魚雷魚雷などは各国が一生懸命研究していて後者は実現可能と言われています。 いろいろと原因はあります ・日露戦争の日本海海戦での戦艦の大活躍 ・東郷平八郎が長い間、海軍最高顧問(元老的位置)として君臨 ・大艦のほうが予算がたくさん取れて官軍の存在感が増す ・外国よりも大きい大砲を持つことが安心感につながる ・飛行機の攻撃力の無さと信頼性の無さ(当時の技術では) ・飛行機はガソリンなど維持費がかかり貧乏国日本には荷が重い などなどですね しかしながら、根本的な原因は「人事」です 大艦巨砲主義を叫ばなければ「出世本流」に乗れないと いうことです へたに 航空機優先 など言おうものならたちまちにして 海軍省や海軍軍令部などの中核組織からはずされてしまいます それが怖いので、「航空機有利」を気づいていた人でも それを口に出せないということです 結局は「戦艦に乗り」「航海仕官か砲術仕官」しか最高幹部に なれないわけですから、そんな軍人ばかり集まっている ところでは「大鑑巨砲主義」しか存在できないわけです さらには 海軍の顧問(退役した元将軍たち)のなかには、日露戦争を 経験した人が多いですし、将官クラスの人事はこの人たちが 決定したりしますから、この人たちにとって耳ざわりの良い ことを発言しておくことも大佐から将官へ出世するためには 大事なことであるわけです 数少ない航空機派の山本五十六大将と大西滝次郎中将は 海軍幹部ではありますが、中央組織(東京)ではなく、現場司令官 という位置です(法的には海軍大臣・軍令部長の部下) ある意味では、中央から遠ざけられて敬遠されていたと いうことになります 山本の部下で航空機派の源田実も海軍一の頭脳と言われながらも 少将になれずに大佐止まりになっています まず、大鑑巨砲主義の前提となる遠距離砲戦思想ですが、きっかけは第一次大戦のユトランド沖海戦でした。

>