ぷらっと のぞみ。 「ぷらっとのぞみ」登場 東京~新大阪「のぞみ」指定席12700円 +2000円でグリーン車

縲舌�繧峨▲縺ィ縺ョ縺槭∩(縺イ縺輔�縺墓羅蜑イ蠑)縲第擲豬キ驕捺眠蟷ケ邱壹げ繝ェ繝シ繝ウ霆雁セ蠕ゥ縺ァ譛鬮倥�譌�。後鬮倡エ壹�繝�Ν縺悟ョ溯ウェ辟。譁吶↓

これはダイヤ乱れのときにどの車両がきても大丈夫なようにするためです。 新幹線専用改札口をご利用ください。 1ドリンク引換券は、ソフトドリンクや350mlのビールへ引き換えができます。 「JR東海はヤバいんじゃないか」 2020年9月10日、東海道新幹線の新たな割引企画「ぷらっとのぞみ」(東京~新大阪間の片道普通車指定席1万2700円、グリーン車1万4700円)が発表された。 つまり、東京〜新神戸などは利用できません。

>

東海道新幹線に「ぷらっとのぞみ」なる割引商品が登場!しかし実態は…

終点名古屋近くになると1両に自分だけということもありました。 その理由は過密ダイヤにある。 また、上記駅間であっても、東京・品川〜新横浜、京都〜新大阪間の設定はありません。 ぷらっとのぞみは、JR東海ツアーズという旅行会社の期間限定商品です。 勘違いも甚だしい。 これでビールや缶チューハイをもらえば居眠りもはかどる。

>

「ぷらっとのぞみ」の予約・購入・変更・払戻方法|JR新幹線ネット

「ぷらっとのぞみ」よりも安い「EX早特21」 日帰り往復に縛られたくないという人には、冒頭で触れた「エクスプレス予約」をオススメしたい。 20時前後にぽつんと設定されている「最終列車」は人気になりそうで、売り切れるのが早いかもしれません。 これ以上、安くするには、そもそも「ぷらっとこだま」も安くしないといけないのでしょうし、出張などの既存のユーザーが流れ込むのも阻止したいと言うのを考えると、この辺りが落としどころになったのかな…と言う感じがしなくもないですが。 通常の切符だと、東京~名古屋が11,300円・新大阪までなら14,720円。 その発表を受けてネット界隈がざわついた。 クレジットカードが使えるなら、エクスプレス予約かスマートEX内の割引商品(EX早特21など)を利用した方が安全だろう。

>

新幹線「ぷらっとのぞみ」衝撃の東京―名古屋1万円…「JR東海、経営ヤバイ?」不安拡散

「ぷらっとのぞみ」は席数限定の旅行商品です。 簡単操作で予約からクレジットカード決済までがWEBで完了し、予約時に列車・座席が確定• 「のぞみ」指定席よりも「こだま」グリーン車が安くなる さらに1500円の差額でグリーン席にグレードアップできる。 列車出発後は取り消しできません。 東海道新幹線の「のぞみ」号の片道指定席券に1ドリンクの引換券が付き、通常価格よりも格安で乗車できます。 「ぷらっとのぞみ」 ジェイアール東海ツアーズは、東海道新幹線のぞみ号を利用した片道プラン「ぷらっとのぞみ」の10月1日~2021年3月12日出発分を9月17日5時30分に発売する。 若干のバリエーションがある、やたらバリエーションがあるとはまったく違います。 ぷらっとこだまとの主な違いをまとめてみました。

>

「ぷらっとのぞみ」スタート 「ぷらっと」の魅力はグリーン車

たとえば東京~新大阪間は、きっぷを買うと通常期で1万4400円のところ、「ぷらっとこだま普通車指定席プラン」は1万700円となる。 名古屋〜京都 4,700円(3,100円)• 冷静に追っていくと「ぷらっとのぞみ」は最安ではない。 「ぷらっとのぞみ」について詳しい情報は、で記事しています。 JR東海ツアーズのサイトで検索し、設定列車を探してみました。 利用客が少ないにもかかわらず16両編成で運行するからだ。 利用できるのはJR東海の新幹線専用改札口だけで、たとえば東京駅の丸の内口(JR東日本の管轄)は利用できません。 たとえば東京~新大阪間は、きっぷを買うと通常期で1万4400円のところ、「ぷらっとこだま普通車指定席プラン」は1万700円となる。

>

「これって投げ売り?」東海道新幹線の大幅割引「ぷらっとのぞみ」の衝撃と誤解

東京〜新大阪 14,700円(10,200円)• 価格は、普通車指定席の大人片道で東京~名古屋間は1万円、東京~新大阪間は1万2700円。 16両編成で統一すると、「片道をこだまで走らせて、折り返してのぞみとして運行する」という運行ができる。 いずれも東京~新大阪間を運転する「のぞみ号」です。 ビジネスで新幹線の利用頻度が高い人は年会費を払っても「エクスプレス予約」が適している。 とくにもっともおトク感が大きかった「ぷらっとこだまグリーン車指定席プラン」に対して、後発の「EXこだまグリーン早特」のほうが安くなった。

>

縲舌�繧峨▲縺ィ縺ョ縺槭∩(縺イ縺輔�縺墓羅蜑イ蠑)縲第擲豬キ驕捺眠蟷ケ邱壹げ繝ェ繝シ繝ウ霆雁セ蠕ゥ縺ァ譛鬮倥�譌�。後鬮倡エ壹�繝�Ν縺悟ョ溯ウェ辟。譁吶↓

利用期間は2020年10月1日から2020年12月25日まで。 「ぷらっとこだま離れ」が進んでいたのではないか では、使いやすいけれども価格的に絶対優位ではない「ぷらっとのぞみ」はなぜ誕生したか。 筆者は「JR東海の危機」ではなく「JR東海からJR東海ツアーズへの救済策」だと思う。 ただし、対応列車の範囲、時間帯をみれば「ぷらっとのぞみ」「ぷらっとこだま」は便利だ。 利用期間は2020年10月1日から2020年12月25日まで。

>

新幹線「ぷらっとのぞみ」衝撃の東京―名古屋1万円…「JR東海、経営ヤバイ?」不安拡散

新型コロナウイルス感染症で、東海道新幹線の利用者が激減しているなかで設定された、期間限定のチケットですし、上手に活用したいところです。 利用できる期間、対応する列車が異なるから、単純にどれが良いとはいえない。 降りた場合、東京〜豊橋の正規料金を別途請求されます(差額ではありません)。 また、コロナ禍において、「自由席」はほとんどがガラ空きだ。 ダイヤが乱れたときも使用車両を入れ替えて対応できる。 日帰り往復1万5700円という破格の「ひさびさ旅割引」 「ぷらっとこだま」の経緯を知れば「ぷらっとのぞみ」の登場も「空席が余っているから」と考えがちだ。

>