山口組 尼崎。 古川組

「2つの山口組」尼崎・発砲事件 六代目山口組直系団体幹部、殺人未遂容疑で再逮捕

検察側は今後この判決を不服として最高裁へと上告することも十分に考えられますが、そもそも今回の逮捕・起訴自体がかなり無理筋だったのかもしれませんね。 いずれも住宅街で起きた。 警察は認否について、明らかにしていません。 事件直後、現場からは男2人組が逃走。 その後、琉真会は三代目会長を仲村石松組長が兼任するのだが、2018年に仲本氏(当時二代目古川組相談役)が初代琉真会会長を名乗って司興業傘下に入り、司興業の顧問になったことで分裂。

>

六代目山口組系権太会がさらなる組織の拡大…絆會幹部らが移籍し、重要拠点の尼崎を席巻

若頭補佐 - 坂口卓也(坂口組組長)• 「6は古川組組長らへの銃撃は、山口組分裂の年内終結に向けた神戸側への最後通告のつもりと考えていたはずや。 このときに古川組事務所の土地建物も取られる。 2017年04月30日、子分全員がに参画。 特に昨年10月に髙山清司若頭が社会復帰してきてからは、組織活動がしづらくなる特定抗争指定暴力団に指定されても、手を緩めず、神戸山口組を攻撃し続けた。 住宅ローン専業大手のARUHIの「本当に住みやすい街大賞2018in関西」では、JR尼崎駅周辺が1位に。

>

古川組

再逮捕容疑は、共謀し、3日午前11時半すぎ、尼崎市稲葉元町2の路上で、神戸山口組系組員に拳銃のようなものを発砲し、殺そうとした疑い。 若いころは、広島の指定暴力団「共政会」傘下の組員だった。 尼崎市は、特定抗争指定された山口組、神戸山口組双方の活動を大幅に制限できる「警戒区域」に指定されている。 狙われたのは、六代目山口組 司興業傘下の琉真会会長宅。 古川組 - 本項• 「業界内では、拡散されたこの移籍報告書の内容は真実だとの見方が強い。 古川組 設立者 古川雅章(古川真澄) 本部 首領 山崎博司(本部長)、仲村石松 構成員数 推定 約320人(分裂前) 上部団体 、 敵対組織 、、、 古川組(ふるかわぐみ)は、に本部を置く暴力団。

>

六代目山口組はついに尼崎に進出し「三つ巴」状態に……山陽地区でも大型移籍の噂が錯綜中

警察は、山口組の分裂をめぐる一連の抗争事件の可能性が高いとみて詳しい経緯を調べるとともに、尼崎市内では今月、山口組系の暴力団幹部が所有する住宅に銃弾のようなものが撃ち込まれる事件も起きていることから警察が警戒を続けています。 かつて尼崎は公害や「暗くて治安が悪い」イメージがあったが、近年、交通の利便性などが評価され、関西で「住みたい」街として注目されている。 浅草石元会。 あんときは周りの人間が目も合わせられないくらい総裁は激怒したと聞くわ。 尼崎市では18日未明、銃撃現場から約1キロ離れた六代目山口組関係者の居宅とみられる民家に銃弾3発が撃ち込まれる事件が発生。 X氏は首を横に振る。 今回の発砲もそうした意味合いが込められた、六代目山口組サイドからの警告との見方ができるのではないか」(捜査関係者) そんな中で注目されるのは、神戸山口組の今後の動向だろう。

>

《山口組分裂抗争 尼崎発砲事件》「潰すまでやる」白昼堂々通行人に血しぶきが飛ぶ惨劇! 司忍組長の出身団体が実行役を出した真の意味とは

「オレは二代目を譲った覚えはない」という対立も背景に? 今回の銃撃には、「因縁説」もあります。 (文=山口組問題特別取材班). ここは、六代目山口組の二次団体・司興業傘下の琉真会の会長宅だそうですから、テレビ局が監視カメラ映像をもらえるのは警察ルートしかありません。 三代目司興業に参加。 特別相談役 - 仲本政英(二代目琉真会会長)• 一方、またもやられてしまった神戸山口組は昨年11月にも古川組の古川恵一組長が自動小銃で射殺されたばかり。 兵庫県尼崎市で今月、発砲事件が相次いだことを受け、住民団体「市暴力団追放推進協議会」が25日、市塚口本町4丁目のグンゼタウンセンターつかしん前で暴力団追放を訴える街頭キャンペーンを実施した。 その幹部が、六代目山口組司忍組長が創設させた三代目司興業に移籍し、尼崎市内に拠点を構えたことで市内の勢力図が変わろうとしている。 ひとついえるのは、それらの情報の真贋を見抜くのは難しく、実際に何が起きたとしてもおかしくはない状態の中にあるということだ。

>

尼崎・暴力団組長銃撃事件 出頭の山口組系組幹部を再逮捕(神戸新聞)

銃撃されたのは六代目山口組司興業傘下の琉真会(仲本政弘会長、司興業顧問)の事務所である。 今回、死傷者はナシのようで、よかったです。 今回の発砲事件も神戸山口組にとっては、相当なプレッシャーとして、組織全体にのしかかってくるのではないでしょうか」(ジャーナリスト) どれだけ厳罰化が進んでも、ヤクザ社会においては「暴力こそが真髄」ということだろう。 神戸は拘置所にいる組員の弁護士費用もままならず、六代目側にヒットマンを送り込むことなどできないとX氏は話す。 これまで 絆會(旧名「任侠山口組」)で若頭補佐を務めていた古川興業組長が権太会へと加入。

>

古川組

厳しい捜査の手が伸びることも分かってたやろ。 昨年、神戸山口組系から六代目山口組系へと復帰し、三代目弘道会の若頭を務める野内組へ移籍して以来、飛ぶ鳥を落とす勢いで組織を拡大し続けている。 11月3日、兵庫県尼崎市で神戸山口組3代目古川組の仲村石松組長(64)と親泊吉広舎弟頭(61)が銃撃され、重傷を負う事件が起きた。 「現役組員として登録された人物がなにかすれば、すぐに検挙対象になってしまう。 そうでなければ腹をくくって「いい仕事」ができないと言うのだ。 古川雅章(古川真澄) - 2005年引退、2006年死去。

>