Hjc オフ ロード ヘルメット。 オフロードヘルメット HJC DS

HJC オフロード|バイク用ヘルメット 通販・価格比較

内装は着脱可能で洗濯できる• エアロ 216• 頭頂部のエアインテークはこちらから空気を送り込み、 後方の2箇所から空気を排出する構造。 オニール 69• ホンダ 50• SHARK 8• 通勤で使い倒してダメになっても新しく気軽に買い替えることができるコストパフォーマンスを持ちながら、 SG・JIS・MFJ の3つの規格を取得しており、安全性に優れたモデルとなっています。 BUCO 1• チンカーテンが付いているので、顎から冷たい風が入ってくるのを防げる• IXS 6• 特に大きな不満はないです。 ノーラン 33• BEON 2• ライズインターナショナル 1• グラフィックモデルの新品でも15000円程度で購入できる価格がHJCの大きな魅力。 鼻周辺はフィットしているようで実は空気が流れ込んできて曇ったりと、案外曇る原因になってしまうので、OAKLEYなどでも輸入モデルではなくジャパンフィットを選ぶべきだと思っています。 。 たまに手持ちのダムトラックスのブラスターを使ってみたりしていましたが、どうもしっくりこない。

>

オフロードヘルメット HJC CS

イエローがネオンイエローと言ってもいいレベルの色味をしていますので、好き嫌いがはっきり別れてしまうカラーのモデルかもしれません。 スピーカーを仕込むスペースがある• 全体的には満足です。 ) (高速などスピードを出す場合は十分注意するか、バイザーは外しましょう。 ウインズジャパン 31• MFJ認定品とは、要するに ハードな競技に耐えられる基準を満たした用品とも言えます。 普通にこだわりなく探すのであればHJH123の現行モデルの方がいいかと思います。 アンチフォグレンズ(ピンロックシート)用のピンがある•。 本当は普通のスモークレンズが欲しかったんですが、ブラックフレームだと標準でスモークレンズがついているラインナップは無いようで、ひとまずミラーを選んでみました。

>

HJC オフロード|バイク用ヘルメット 通販・価格比較

今までCRF250Lで使っていたヘルメットはWins JapanのX-ROADというシールド付きのオフロード ヘルメットでした。 頭部に エアインテーク搭載で、風を取り込んで暑さ対策できる• アライ 636• もし予算に上限がなければ、 ARAIの TOUR-CROSS 3を日常用に買って、. 冬場の通勤では少し使いにくいかもしれません。 前歯、顎を守る ノーズガード付き• 購入したのは、RSタイチが正規代理店を務めているHJCのオフロードヘルメット。 自分はメガネを使っていませんので、 購入したモデルは、 MX-RUSHのフラッシュオレンジミラーのブラックのモデル。 そして、このHJCのCS-MX2に合わせるゴーグルとしてSWANSのミドルクラスモデルである、MX-RUSHをチョイスしました。 。

>

オフロードヘルメット HJC DS

ショウエイ 25• WinsジャパンのX-ROADとちょうど良く似たサイズ感だと思います。 作りとしてはメガネ対応の797に比べて若�. 専用のミラーシールドが売っている アンチフォグレンズ(ピンロックシート) DS-X1のシールド、HJ-27に適合するアンチフォグレンズ(ピンロックシート)は HJP242ですが、今回は売っていなかったので汎用のアンチフォグレンズ(ピンロックシート)を取り付けてみました。 アイロー 208• バンディット 11• シンプソン 48• ベル 232• CS-MX2の購入サイズは? そして購入したサイズは、 HJC CS-MX2のXLサイズです。 ヤマハ 128• HJCからはCS-MX2 EDGEという黒赤のヘルメットが現行モデルとして販売されていますが、車体の赤と合わせている感が出るのが嫌で全く違うブルー系のヘルメットを選んだという単純な理由です。 アイコン 3• また ヤマハがOEMしていて、 RS タイチが日本の代理店としてHJCの製品を販売しているというのも信頼のポイントです。 シールド付き• もちろん、 口元、顔からの風も入り込みますので夏場はその代わりある程度快適に過ごせると思います。

>

HJC オフロード|バイク用ヘルメット 通販・価格比較

もちろん前面からの空気の流入もありますので、換気に関しては冬場は寒すぎるレベルになると思います。 ZERO 5. DS-X1はMFJ認定品ではありませんが、同じHJCが出しているヘルメットということで信頼できそうなので選びました。 スオーミー 112• ちなみにメガネ前提で選ぶのであれば797一択になります。 CS-MX2の旧ラインナップであるDAKOTA ダコタ というグラフィックモデルを探して購入してみたわけです。 他のヘルメットを被ったことがないので比較は出来ませんが、 予算を低く抑えてそれなりの品質のものを揃えたいという場合には、良い選択肢なのではないでしょうか。 GXT 5• agv 107• THH Helmet 53• ヘルメットの場合、JIS規格に加え、一定の耐貫通性試験に合格しなければならない。

>

オフロードヘルメット HJC DS

(上を向かず、顎を引けば大丈夫です。 スコーピオン 42• 口元にダクトが付いているので、曇を軽減できたり、暑さ対策になる• あご紐は マイクロラチェット• フォックス 257• MFJが主催するレースに参戦するには、認定を受けた製品が必要となる。 ダムトラックス 3• フルサイズのオフ車にはやはりゴーグルタイプのごく普通のオフロード ヘルメットが鉄板だなということで、新しくオフロード用のヘルメットを新調することになりました。 ちなみに、 帽体はLとXLは同サイズのようで、チークパッドなどの厚みを変えることで微調整は可能らしいので、微妙なサイズ感の頭囲の持ち主の方は大きめのXLを購入しておいて、後から内装で微調整する方が痛みなどが起きずに使うことができると思います。 シールドを外してゴーグルに変えられる• 重さも1350g程度とごく一般的で使い勝手に困ることはない無難すぎるモデルだと思われます。 スタイルチェンジ可能。 MFJ(財団法人日本モーターサイクル協会)が定めた安全基準をクリアしたヘルメットやレーシングスーツの規格。

>

オフロードヘルメット HJC CS

アライやSHOEIならLでジャストサイズですが、レビューなどを参考にワンサイズアップのXLサイズを購入しましたが、正解だったようで、ちょうど良い具合のフィット感でした。 。 。 。 。 。

>

オフロードヘルメット HJC DS

。 。 。 。 。

>